Amazon.co.jp ウィジェットリンパが痛いときの対処法は? | カラダ研究所

リンパが痛いときの対処法は?

この頃、首のリンパが痛みます。

何か悪い病気ではないかと心配です。

そこで、首のリンパについて、痛みの原因とその対処方法など、
色々調べてみました。

SPONSORED LINK

リンパとは?

毛細血管から、周囲の細胞の隙間に漏れ出した老廃物を、
心臓に向かって運ぶリンパ液の流れがあります。

このリンパ液が流れる管をリンパ管と言います。

リンパ管は第二の血管と言われるように、全身の隅々まで通っています。

このリンパ管には、細菌など不要な物質を血液循環に入れないようにする、
いわば関所のような働きをしているリンパ節があります。

身体の表面を流れてきたリンパ液は、
脇の下や脚の付け根、頸などにある大きなリンパ節に運ばれます。

首のリンパが痛い。。。その原因は?

首のリンパの痛みは、どんな病気のサインなのでしょうか?

リンパ節が腫れたり痛いときは、
外部から何らかの病原菌が入って感染していることが多いです。

中でも首のリンパに異常を感じるときは、
結核の疑いもあるので注意が必要です。

結核菌が首周辺のリンパ管に入ると、頸のリンパ腺が腫れ、
いくつかのしこりが固まって大きな腫瘍のようになることがあります。

首に痛みはないけれど、しこりがあるときは速やかに医師の診断を仰ぎましょう。

首のリンパ腺が痛いときは、
他に喉の炎症や虫歯などの原因が考えられます。

口腔内で増殖した病原菌が首のリンパに集まり、炎症を起こしている状態です。

この場合は、首にころころしたしこりを感じ、
首筋を押すと鈍い痛みを感じるのが特徴です。

首のリンパ痛みは、病原菌がいなくなると,ほとんどの場合自然に治ります。

首はリンパ腺が多く集まる箇所で、特に腫れやすいので、
気にする人も多いですが、あまり神経質にならず、
経過を観察することも大切です。

しかし、強い力を持ったウイルスや細菌が、
リンパ管の中まで侵入することがあります。

そうすると合流点で免疫反応が起こってしまいます。

軽い腫れなら経過観察でもいいですが、
腫れがひかなかったり、痛みが強い場合は、病院へ行った方がいいでしょう。

首のリンパ痛みの対処方法は?

リンパが痛いときの対処法としては、
患部の冷却、市販薬の活用です。

いくつかリンパ腺炎向けのオススメ商品をご紹介します。

これらの方法で対処すれば、症状を和らげることができます。

リンパ腺の痛みや腫れは、風邪によって引き起こされることが多いです。

風邪が治れば同時にリンパ腺の腫れもひいてゆきます。

このようなときは、
こまめな水分補給を忘れなければ症状はひどくなりません。

激痛で夜眠れないとか、身体を動かすことすら難しいときには、
風邪薬の代わりに市販の痛み止めを飲むのもいいでしょう。

効果は人によって差がありますが、
該当部分の炎症を抑え、激痛を和らげることはできます。

リンパ痛みの対処法として、マッサージをする人がいますが、
腫れているときは、かえって悪化させる可能性があります。

風邪などのウイルスが原因で腫れている場合は、
マッサージは体内へウイルスを循環させてしまうことに繋がります。

身体の他の部位のリンパ腺が炎症を起こしたり、
全身が激痛に見舞われることがあるので、
マッサージは控えるようにしましょう。

Sponsored Link

Sponsored Link

“リンパが痛いときの対処法は?” への1件のフィードバック

  1. […] リンパが痛いときの対処法は? | カラダ研究所 この頃、首のリンパが痛みます。 何か悪い病気ではないかと心配です。 そこで、首のリンパについて、痛みの原因とその対処方法など、 色々調べてみました。 リンパとは? 毛細血管から、周囲の細胞の隙間に漏れ出した老廃物を、 心臓に …(続きを読む) […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ