Amazon.co.jp ウィジェット豆乳イソフラボンって美白に効果あるの? | カラダ研究所

豆乳イソフラボンって美白に効果あるの?

豆乳イソフラボンって最近よく見かける言葉だと思いますが、
豆乳イソフラボンって何なのか知っていますか?

美白効果が高いなどと言われていますが、
実際、どうなのでしょうか?

そこで今回は豆乳イソフラボンって美白に効果あるのか、調べました。

SPONSORED LINK

豆乳イソフラボンとは

イソフラボンは近頃女性ホルモンと似ている働きをすることで注目をされています。

女性ホルモンエストロゲンは私達人間の身体の調整をしてくれている
大事なホルモンの一つです。

イソフラボンは豆乳胚芽に多く含まれているフラボノイドのひとつです。

現在では15種類の豆乳イソフラボンがあることが分かっています。

イソフラボンは豆乳だけではなく葛の根やクローバーなどにも含まれています。

豆乳イソフラボンの効果は

豆乳イソフラボンは先程もでてきたように
女性ホルモンの働きをするので更年期障害などの改善に
効果が高いといわれています。

のぼせ、ほてり、動悸、発汗、憂鬱感、
冷え性、焦燥感、不眠、耳鳴り、しびれ、
行動が遅くなる、下痢、肩こり、全身けん怠感、

など女性ホルモンの不足によっておこるといわれているものに
豆乳イソフラボンは効果があるようです。

美白については、豆乳イソフラボンではあまり効果が期待できないと
考えた方が良さそうです。

では美白効果の高い食べ物は?

美白効果の高い食べ物といえば、抗酸化作用を持っているものです。

例えば、バナナ、にんじん、かぼちゃ、などが挙げられます。

抗酸化作用には白い肌には大きな敵となる
「メラニン」が身体中でつくられることを抑える力があります。

さらに、抗酸化作用にはメラニンの原因であり、
老化する肌の原因となる活性酸素の働きを弱くする力があります。

イソフラボンが多く入っている食べ物は?

和食に多くのイソフラボンが入っています。

とくに、納豆、豆腐、油揚げ、豆乳煮、きな粉、みそ、豆乳飲料
などに多く含まれています。

豆乳イソフラボンの持つ力は色々ありますので、
それらの力をしっかり考えて、理解していけば
組み合わせて食べる物で効果をさらにアップできます。

例えば、豆乳食品とともにカルシウムを多く含む
牛乳や小魚、青菜などの食品を同時に摂ることによって
カルシウムの骨への吸収を高めます。

また、効果を実感にするには、
継続して取りつづけることも重要です。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ