Amazon.co.jp ウィジェット花粉症に、べにふうき茶って効果あるの? | カラダ研究所

花粉症に、べにふうき茶って効果あるの?

花粉症で毎日悩まされています。

そんな折、知人から、べにふうき茶が花粉症に効くと聞きました。

そこで、本当に花粉症に、べにふうき茶が効果あるのか調べました。

SPONSORED LINK

べにふうき茶とは?その効能は

「べにふうき」とは、野菜茶業研究所(元農水省・茶業試験場)で育成され、
1993年に命名され、紅茶・烏龍茶系品種として農林登録されたお茶の品種です。

「べにふうき」は、「べにほまれ(茶農林1号)」と「枕Cd86」の子供(茶農林44号)で、
姉妹には「べにふじ」と「いずみ」があります。
0087_01

べにふうき茶の効能と効果についてです。

べにふうき茶に含まれるカテキンは、人体に有害な活性酸素の働きを抑える効能があります。

更に、発がん抑制作用、抗菌、抗ウイルスなどの効果が有ることがわかっています。

アレルギー患者での検証も近年になって進み、
ある程度の効果が期待できることがわかりました。

アトピー性皮膚炎などの通年制アレルギー患者も、
べにふうきを6カ月以上服用することで、改善効果があることの治験を得ました。

血液中のIgE総量や末梢血好酸級数は、
6か月以上追跡して、有意な減少が認められ、
他の免疫グロブリンの低下や肝障害は認められませんでした。

お茶の効能は、このようにまだ臨床試験段階ですが、
将来的には外用薬への応用研究も視野に入れて、
アトピー性皮膚炎等のアレルギー症状改善に大きな期待がかかります。

花粉症にべにふうき茶は効くの?おすすめのべにふうき茶は?

べにふうき茶に含まれる、メチル化カテキンには、
辛い鼻水やくしゃみの原因である「ヒスタミン」の元である、「Ige」を抑制する作用があります。

メチル化カテキンは、べにふうきにしか含まれていません。

普通の日本茶ではこのような効果は出ません。

但し、ここで注意しなければいけないのは、
鼻水やくしゃみに効果が有るということで、決して花粉症が治るわけではないということです。

更なる注意点は、べにふうきは医薬品ではないため、薬事法の規制があることです。

べにふうきを販売しているお店は、べにふうき茶の効能をはっきり商品に明記していません。

べにふうき茶を飲むと、直ぐに鼻水が止まり、不快な症状が緩和されます。

しかも、他の花粉症の薬のような、喉が渇く、舌がピリピリするなどの嫌な感じはしません。

べにふうきは飲んでから、10分~30分で鼻水がとまります。
この効果の持続性は、だいたい5~6時間です。

べにふうき茶は熱湯で淹れてください。

これは、べにふうきの有効成分である、メチル化カテキンが熱湯でないと抽出されないからです。

売られている商品は、粉末タイプが多いですが、メチル化カテキンの含有量が少ないので、
実際の茶葉を使用したティーバッグタイプをお勧めします。

最後に、必ず質の良い商品をお求めください。

おすすめの、べにふうき茶をご紹介します。


べにふうき茶は、副作用もなく手軽に使用できますが、
たまに効果が実感できない方もいますので、
まずは、自分に効果があるか試してみましょう。

べにふうき茶で、辛い鼻水やくしゃみをストップして、
マスクなしで外出しましょう!

Sponsored Link

Sponsored Link

“花粉症に、べにふうき茶って効果あるの?” への1件のフィードバック

  1. […] (こちらの記事 ”花粉症に、べにふうき茶って効果あるの?” でも、 べにふうき茶について紹介しています。) […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ