Amazon.co.jp ウィジェットヒアルロン酸注射の値段はいくら? | カラダ研究所

ヒアルロン酸注射の値段はいくら?

顔のしわに効くヒアルロン酸注射があると聞きました。

どのような効果があるのか、また副作用はあるのか、
値段はいくらぐらいなのか、知りたいと思い、
ヒアルロン酸注射について調べました。

SPONSORED LINK

ヒアルロン酸の注射の効果と副作用について

ヒアルロン酸は、関節やドライアイの治療、
バストアップやアンチエイジングなどの美容分野でも活躍している成分です。

摂取方法はサプリメントの他、ヒアルロン酸を直接注入する方法があります。

ヒアルロン酸は、元々人間の身体の中にある成分なので、
安全性が高い
という利点があります。

アレルギー反応も他の成分に比べて低いです。

更に、ヒアルロン酸を体内に入れても、
身体への負担がほとんどない
ということも大きなメリットです。

バストアップや、シワ・ほうれい線などの施術に、
ヒアルロン酸注射が使われています。

術後の痛みや跡が残らず、
効果をいち早く実感できるので非常に人気を集めています。

各組織や細胞を優しく滑らかにし、
周りの環境に対して保護的な作用を促すものに、
ムコ多糖類があります。

ヒアルロン酸はそのムコ多糖類の一種に分類されています。

ヒアルロン酸は、肌の水分蒸発を防ぎ、
皮膚内の水分量を増やして、肌を再生する効果もあります。

また、ヒアルロン酸は、膝等の関節痛のやわらげるのにも効果があります。

ヒアルロン酸を注入後すぐに膝の痛みが緩和されます。

このようにヒアルロン酸注射は、いいとこだらけのように思えますが、
やはり副作用が存在します。

いくつか事例をあげてみましょう。

◆ゴルゴ線の改善のためにヒアルロン酸注射をした方のお話です。
 施術終了後一年は効果が持続すると説明を受けたのに、
 一日で戻ってしまったとのことです。

 施術先にクレームを言ったら、量が足りないのかもしれないので、
 再来院して、追加料金でヒアルロン酸を追加するといわれたそうです。

 このようなことがないように信頼のおける美容クリニックを選ぶことが必要です。

 また、カウンセリングのときはしっかり話を聞いて、自分の意見はちゃんと伝えましょう。

◆肌のハリを取り戻そうと施術をした30代女性のお話です。
 ヒアルロン酸を注入した部分がでこぼこになって、
 ブヨブヨ状態になってしまいました。

 これは、適していない分子構造で構成されているヒアルロン酸を注射したり、
 注入場所が浅すぎる場合に起こりやすいと言います。

 一度注入されたヒアルロン酸は、自然に吸収されるまで待つほかありません。

 でも、しこりのように残ってしまう場合があります。

 何度も繰り返し行っている場合は、特に発生しやすいのも事実です。

こういった例は、他にもたくさんありますが、
ほとんどの方が、満足のいく結果を得ているのも事実です。

リスクは常に存在する、ということを知ってヒアルロン酸注射を受けましょう。

0091_01

ヒアルロン酸注射の値段はいくら?

ヒアルロン酸注射の値段は、クリニックや注入する場所によって違います。

主なものを上げてみます。

Aクリニック
額 120,000円
ほうれい線 200,000円
目の下、眼尻、上唇 各 120,000円

Bクリニック
目の周辺、ほうれい線、鼻。唇 各 60,000円
あご 70,000円

Cクリニック
一本 52,500円
テオシアル・リデンシティー(1cc)42,000円

Dクリニック
鼻 唇 あご 一本 75,000円
目の下 一本 90,000円

ヒアルロン酸注射の効果の持続期間は?痛みはないの?

ヒアルロン酸の効果は、半年から一年くらいです。

手術でバストアップをすれば、半永久的にその効果が持続しますが、
ヒアルロン酸注射では、徐々に体内に吸収されてしまうので、
一年ほどしか効果はありません。

鼻を高くするためのヒアルロン酸注射でも同じようなことが言えます。

美容クリニックによっては、長期持続型ヒアルロン酸を扱っているところもあるようです。

ヒアルロン酸注射を膝にする場合は、
かなり太い注射針を使用するので、痛みが伴います。

美容クリニックにおけるヒアルロン酸注射も、
施術をおこなう場所によって痛みがあります。

我慢できないような痛みではないので、
美しくなれると思えば、痛みも吹っ飛んでしまうのではないでしょうか。

ヒアルロン酸注射は、医師の技量やセンスによって左右されるので、
評判のいいクリニック(医者)を選ぶことが重要
です。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ