Amazon.co.jp ウィジェット口臭チェックの方法、まずはこの3つ! | カラダ研究所

口臭チェックの方法、まずはこの3つ!

口臭は自分ではなかなか気づきにくいものです。

体臭もそうですが、まわりの人に迷惑をかけていないか心配になりませんか?

そのためにも自分の口臭をチェックできるようにしたほうが良いです。

そこで今回は、口臭チェックの方法について調べました。

SPONSORED LINK

口臭はなぜおきるのか?

多くの口臭の原因は口の中の気体です。

私達の口の中には多くの細菌が生活しています。

その細菌群が、唾液、血液、古くなった細胞、
または食べカスに含まれるタンパク質などを分解して、
臭いの元を作っています。

口の中が乾燥するとこれらの細菌が多くなり臭いの原因が増えることになります。

口臭チェック、3つの方法

自分でできる口臭チェックの方法を3つ、ご紹介します。

1. 鏡で自分の舌が白くなっていないか見る。
本来の舌の色はピンクです。

しかし舌の真ん中に白い苔のようなものがでることがあります。

これらは細菌のかたまりで口臭の原因になります。

2. デンタルフロスの使った後の臭いをチェックする。
デンタルフロスを使用後にプラークが付着します。

その臭いを嗅いでみます。

悪臭を感じるならば要注意です。

3. 家庭用口臭測定器を使う。
最近は自分で簡単に口臭を調べられる家庭用測定器があります。

歯科医院に行かなくても自分で口臭の状態をチェックできるので便利です。

食べ物や時間により何度か測定して比べられるので深く調べられます。

口臭測定器のおすすめを紹介しておきます。

値段もお手頃なので、口臭が気になる方はお試しください。

おすすめの口臭予防は

いろいろな口臭チェックの方法で自分の口臭がわかったならば、
口臭を予防することも重要になります。

食事で臭いのキツイものを食べた後、
約16時間で口臭として口からでると言われています。

そうすると、もし人と会話の予定がわかっているならば
前の食事をしっかり考えることが大切になります。

次に水分を多く摂ることによって悪臭成分を排出する力が強まります。

身体の代謝をよくしておきます。

そうすると悪臭原因の老廃物なども体外へでやすくなります。

あとガムなどを噛むことによって唾液を増やすことも口臭予防になります。

口の中の乾燥も防いでくれます。

おわりに

今回は、口臭チェックの方法についてお伝えしました。

口臭がしないか、気になる方は、まず3つの方法でチェックしてみて、
引っかかるようであれば、
早急に対策をとりましょう!

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ