Amazon.co.jp ウィジェットデキストリンって筋トレに効果あるの? | カラダ研究所

デキストリンって筋トレに効果あるの?

最近、デキストリンという言葉をよく聞きます。

知っていますか?私は知りませんでした。

デキストリンとはデンプンを科学的に分解したもので、
消化と吸収が早く行われ血糖値の変動が小さいという特質があります。

臨床実験でもデキストリンを摂ることにより
運動持続時間の増加が認められています。

そこで今回は、デキストリンが筋トレに効果あるのかどうか、について調べました。

SPONSORED LINK

デキストリンとは

デキストリンとは片栗粉などのデンプンが加工されたものです。

食品添加物ではなく食品素材になりますので、
体への危険性はありません。

デキストリンは食品加工品などに多く使われています。

健康食品や医療品などにも多用されます。

デンプンではそのままでは水に溶けませんが、
デキストリンだと水に溶けやすくなるので使いやすくなります。

デキストリンの筋トレへの効果は?

デキストリンが筋力トレーニングに効果があるのか?ですが、
あります。

体脂肪燃焼や健康促進にデキストリンは効果的にです。

トレーニングをする時はエネルギーを使います。

ハードな運動をすればさらにエネルギーとして糖を大量に使います。

糖質が足りなくなると運動のパフォーマンスが悪くなります。

そうなると運動の効果も悪くなります。

つまり糖質が足りなくなるとトレーニングを
やっても無駄になるかもしれないのです。

デキストリンはデンプンですから糖質と考えてよいです。

デキストリンをしっかり摂ることで筋力トレーニングの効果が良くなるのです。

トレーニング中の集中力がよくなります。

集中できない状態のときは効果もあまりよくありません。

同じ時間トレーニングをやるならばすこしでも効果を出したくありませんか?

そのためにデキストリンは活躍するものと考えてよいです。

デキストリンの危険性は
たしかにカタカナでデキストリンと書いてあるので
危ないものではないかと思うかもしれません。

デキストリンは食品です。
危険なものではありません。

しかし、なんでもそうですが、100%完全なものもありません。

身体に良いと言われるものでも摂りすぎたり
間違った食べ方をしていては、身体に悪くなります。

危険になったりもします。

たとえば納豆なども体に良いと言われていますが、
1日に10個も20個も食べることは
健康に良くないことはわかると思います。

カロリーも増えますし、栄養バランスも悪くなります。

デキストリンも同じです。

デキストリンだけに頼っていては
体のバランスが崩れることがあるので注意です。

しかし、デキストリンを上手くとりいれて
筋力トレーニングに効果をだすことは可能です。

オススメのデキストリンを紹介しますので、
筋トレを効果的にやりたい方は、
ぜひ、おためしください。


Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ