Amazon.co.jp ウィジェット頸椎ヘルニア予防のためのできることは? | カラダ研究所

頸椎ヘルニア予防のためのできることは?

頚椎ヘルニアというと、とても重症で痛みを伴うものを思いがちですが
頚椎ヘルニアの症状はいろいろです。

肩こりのような感じから、寝れないほどの痛みで
日常生活をおくることがつらいものまでさまざまです。

では頸椎ヘルニアにはなぜなるのでしょうか?

できれば頚椎ヘルニアになりたくないですよね。

そこで今回は頚椎ヘルニアを予防するためにできることはないか調べました。

SPONSORED LINK

頸椎ヘルニア(頸椎椎間板ヘルニア)とは

頸椎(けいつい)とは何のことか知っていますか?

難しい漢字の言葉になっていますが、首の骨のことです。

首の骨は一つだと思いがちですが首の骨は実は7個の骨で作られています。

だからいろいろな動きができるのです。

そして7つの一つ一つの骨のことを椎骨と言います。

その骨と骨の間にはクッションとしての役割の軟骨があります。

この軟骨のことを椎間板と言います。

頸椎ヘルニアとはこの椎間板が破裂して変形し外にとびでた状態のことを表します。

椎間板が通常の状態から外にとび出ることによって神経や血管を押して圧迫します。

神経などを圧迫すると神経症状としていろいろな痛みやしびれにつながることがあり、
頸椎ヘルニアの症状として現れます。

なぜ頸椎ヘルニアになるのか?

頸椎ヘルニアの状態はなんとなくわかりますが
ではなぜ頸椎ヘルニアになるのでしょうか?

頸椎ヘルニアになる原因はいろいろあります。

一つの原因だけではありません。

特別に原因がなくても頸椎ヘルニアになることがあります。

たとえば加齢的変化によって椎間板が変形し破裂することもあります。

年齢を重ねることでも頚椎椎間板ヘルニアになることがあるのです。

また事故など外傷などによって起こることもあります。

強い衝撃が首にかかることによって椎間板に強い力がかかり破裂することがあります。

いろいろな原因によってヘルニアになるのです。

頸椎ヘルニアの予防はできるの?

頸椎ヘルニアの原因がいろいろあるように、予防方法も一つではありません。

原因によっては予防できないこともあります。

たとえば加齢的変化による頸椎ヘルニアの予防は困難です。

今の医学では若返ることはできないので
年齢による変化は防ぎようがありません。

しかし、首に大きな負担をかけることによって椎間板の破壊を進めているならば、
これらは予防することができます。

姿勢や日常生活の過ごし方によって首への負担を減らすことができます。

いつも前かがみで携帯・スマートフォンなどを触っている方は
背筋を伸ばして、前かがみにならないようにしましょう。

スマートフォンを見る時間が多い方は、
その時の姿勢を変えるだけで予防になります。

このように普段の姿勢に気をつけることで頸椎ヘルニアの予防になりますので、
気づいたときに、少し注意するだけで、
かなり効果はあるはずですよ!

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ