Amazon.co.jp ウィジェット頚椎ヘルニアの治し方、一番良いのは? | カラダ研究所

頚椎ヘルニアの治し方、一番良いのは?

頸椎ヘルニアという言葉を聞くことがあると思いますが
どのようなものなのでしょうか?

どのようにして治すことができるのでしょうか?

そこで今回は、もし頚椎ヘルニアと言われたら、どうような治し方が一番良いのか、
調べました。

SPONSORED LINK

頸椎ヘルニアの治し方は?

もし頸椎ヘルニアになったときはどのような治し方があるのでしょう?

まずヘルニアの状態により、
脊髄、または神経根のどちらが障害を受けているかで
治し方は変わってきます。

進行性の脊髄症状、すなわち手足のしびれや脱力が進み、
画像診断の上でも脊髄の圧迫と浮腫などの変化を表す場所がある時は、
診断後に手術が検討されることになります。

頚椎ヘルニアの手術は大きく分けて2つ、前方法後方法があります。

前方法は文字通り前から開腹して背骨を切り
ヘルニアを取り出すまたは削るなどを行ないます。

後方法は後ろからで、脊髄圧迫を間接的に取り除きながら行う方法で、
脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)などを伴っている方などに
行われることが多いです。

また破壊され、とびだした椎間板は吸収、消失の過程をとる可能性があります。

よってしびれや脱力が長期間続いて変化が少ないときは、
薬や理学療法などの保存的治療で様子をみることが一般的になっています。

神経根症状のときも多くは保存的治療が行われます。

つまり頚椎カラーなどを使用して頚部の安静と薬物治療が基本になります。

もし頚椎ヘルニアと言われた場合は

もしどこかで頚椎ヘルニアと言われた場合は、焦らないことです。

治し方を知らなくて心配になることがあるかもしれません。

しかしすぐに行動しないほうが良いです。

頚椎ヘルニアは一般的には4ヶ月での症状の改善が多く見られると発表されています。

さらに再発は少ないと言われています。

ヘルニアは時間がかかりますが、自分で自然に体が吸収してくれます。

つまりヘルニアの症状が4ヶ月以上全く変化がない、またはひどくなる
痛みやしびれなどで日常生活に支障がある
日常生活を満足に過ごせない、などがなければ、
手術などはすることはありません。

痛みなどをコントロールしながら様子をみることで全く問題ないです。

自然経過で良くなるのがヘルニアです。

もし痛みやしびれなどがある場合は

痛みやしびれ対策として治し方ではありませんが、
頚椎ヘルニアと共に生活するために首回りに負担をかけ過ぎないほうが良いです。

仕事やスポーツなど首に力がかかることがあるならば控えます。

肩こりなどのケアをすることも良いです。

シップやストレッチなども効果が期待できます。

無理せずに自分の身体の感じを見ながら行います。

つまり、頚椎ヘルニアの治し方は、
何かをして治す、というよりも
ある程度、時間をかけながら自然に治すと考えてください。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ