Amazon.co.jp ウィジェット手の水虫がうつるのが心配な方に | カラダ研究所

手の水虫がうつるのが心配な方に

足の水虫はよく聞くと思いますが、手の水虫もあります。

手の水虫は手荒れと間違いやすくやっかいです。

たんなる手荒れだと思っていてほっておいたら酷くなる人もいます。

そこで今回は、手の水虫がうつるのが心配向けの様々な情報を調べました。

SPONSORED LINK

手の水虫とは

手の水虫とは医学的には手白癬と呼ばれています。

手に白癬菌が感染した病気です。

手のひらや指の付け根などを中心に手の皮が厚くなるものが大半です。

手の皮がボロボロと剥けることもあります。

手水虫に感染している人はほとんどの人が
足の水虫を持っていると言われています。

もしくは家族の方など一緒に住んでいる人が水虫の場合も
足から手にうつることにより手水虫になる確率が大きい
です。

そして足の水虫と同じように手の皮が分厚く硬くなり
ゴツゴツしてひび割れる症状が一般的
です。

また指の付け根に小さい水泡などできることもあります。

この場合はかゆみを伴うこともあります。

もし手水虫になった場合は?

もし手の水虫になった場合は
身体の他の部分も調べてみると良いです。

他の部位にうつることが数多くあります。

足から手に、手から爪に、爪から他の皮膚になどに
水虫菌がうつることが多いので注意してください。

たとえば指輪の下に白癬菌が繁殖して移ることもあります。

手水虫になったかどうか分からないときは?

普通は手水虫かどうかなんで分からないのが普通です。

単なる手荒れだと思っていて保湿クリームをぬって
手水虫を悪化させてしまうこともあります。

水虫かどうかを見極める一つの方法としては
片方だけに荒れがあったり痒みがあったりしないか見ます。

湿疹や手荒れの場合はたいてい両方の手や足にこれらの症状が出ることが多いです。

自分で判断できない場合は皮膚科で診察してもらいましょう。

とりあえずの手水虫への対処法は?

もし手水虫など水虫になったときには
水虫菌は新陳代謝よりも早く角質に移り続けるので、
ほっておいてそのままで治ることはほとんどありません。

よって手の水虫などになったら、何かしらの対処をしましょう。

水虫菌は湿気を好みます。

靴の中などが繁殖して手などにもうつりやすいです。

よって常に手足を清潔に乾燥させたほうがよいです。

帰宅したら、すぐに足や手を洗って綺麗に清潔にします。

足を触ったあともすぐに手を洗うようにします。

足を触ってそのままで生活していると水虫が広がることがあります。

また、水虫がひどくなる前にしっかり病院にいって状態を見てもらうことも大切です。

本当に水虫かどうか?、あるいは
どのタイプの水虫なのか?で
対応の仕方が変わることもあります。

最後に、いくつか手の水虫対策用のクリームやスプレーを紹介しますので、
病院の治療とあわせて、利用すると効果的だと思います。


Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ