Amazon.co.jp ウィジェット飲む日焼け止め「ヘリオケア」皮膚科推奨っていうけど効果はどう? | カラダ研究所

飲む日焼け止め「ヘリオケア」皮膚科推奨っていうけど効果はどう?

紫外線対策に日焼け止めは欠かせないものです。

そんな日焼け止めに飲むタイプがあるのをご存知でしょうか?

そこで今回は、皮膚科推奨の飲む日焼け止め「ヘリオケア」について効果はどうなのか、調べました。

SPONSORED LINK

日焼け止めの効果とは?

紫外線(UV)にはUV-A、UV-B、UV-Cの3種類があります。

UV-Aは肌の深層まで届き、シワやたるみの原因になります。

また、メラノサイトが刺激され、メラニン色素が作られ肌を黒くして守ってくれます。

日焼けすると黒くなるのはこのためです。

UV-Bは肌表面が赤くなる炎症を起こします。

日に焼けると赤くヒリヒリする、水膨れになる、といった症状はこれが原因です。

また、過剰にメラニン色素を作り、シミやそばかすの原因になります。

UV-Cは紫外線の中でもっとも有害なものです。

オゾン層に阻まれてほとんど地表に届かないと言われていましたが、
近年、オゾン層の破壊がすすんできているため、
高い山の頂上付近などで観測され始めています。

日焼け止めにはSPFとPAが記されています。

SPFはUV-Bを、PAはUV-Aに対する効果を示しています。

飲む日焼け止め「ヘリオケア」とは?

【主成分】
主成分はFernBlockという、中央アメリカに生息する
シダ植物から抽出された天然成分です。

UV-Aに対して効果があります。

強い抗酸化作用があり、紫外線により発生する活性酸素を抑制し、
シワやたるみになるのを防いでくれます。

また、肌の免疫防御作用、UV照射によるDNAダメージの減少、
肌の回復を早める効果などがあります。

皮膚ガンの予防にも期待できます。

【その他の成分】
ヘリオケアには
「ヘリオケア オーラル」「ヘリオケア ウルトラ」「ヘリオケア ウルトラD」の
3種類があります。

オススメなのが「ヘリオケア ウルトラD」です。

皮膚の若返りに効果のあるビタミンDが配合されています。

また、抗酸化作用のあるビタミンCとE、紫外線から目を守る働きのあるルテイン、
活性酸素を無害化する効果があるリコピンなどが含まれています。

【使用方法】
出かける30分前に服用し、4時間ほど効果が持続します。

紫外線によって発生した活性酸素を破壊するものであって、
紫外線を防ぐものではないため、
塗る日焼け止めも併用するとさらに効果的です。

【メリット】
汗で流れる心配がありません。

海やプールなどのレジャーにも効果的です。

また、目や唇など日焼け止めが塗れない場所にも効果があります。

【副作用】
欧米では、アトピー性皮膚炎などの治療に25年以上使われていますが、
副作用は認められていません。

4歳以上の子供から服用できます。

ただし、多くのサプリメント同様、妊婦や授乳中の方は避けた方がよいでしょう。

また、シダアレルギーもあります。

疑われる場合は使用を中止し、医師に相談しましょう。

【購入方法】
ヘリオケアは皮膚科で推奨されています。

美容皮膚科で処方してもらうことができます。

またはAmazonで購入することもできますので、
気になる方は一度、お試しください。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ