Amazon.co.jp ウィジェット半身浴ダイエットやり方は?注意点はあるの? | カラダ研究所

半身浴ダイエットやり方は?注意点はあるの?

ダイエットに興味のある女性には、一度は聞き覚えのある半身浴ダイエット。

今回は、半身浴ダイエットの正しいやり方や注意点について調べました。

SPONSORED LINK

半身浴の効果とは?

まずはじめに言っておきたいのが、半身浴ダイエットとは速効性はない、ということです。

半身浴の効果は、主に2つあります。

1.血流の改善による効果
半身浴の目的は「体に負担がかからずにゆっくり入ること」にあります。

ゆっくりと下半身を暖めることで、体の芯から暖まり血流がよくなります。

これにより、冷え性の改善、疲労回復、美肌効果、むくみの改善などにつながります。

2.リラックス効果
副交感神経が刺激され、リラックスでき、良質な睡眠につながります。

22時~2時はゴールデンタイムといい、成長ホルモンが多く分泌される時間です。

成長ホルモンは子供の成長に必要と思われがちですが、
新陳代謝や筋肉を作ることなどにも必要なホルモンで、
ダイエットに欠かせないもの
です。

半身浴ダイエットは、カロリー消化は微々たるものですが、
やせやすい体を作るためには効果があるといえます。

半身浴ダイエットのやり方は?

【入浴前】
食前食後30分は避けます。

ストレッチや筋トレを軽く行います。

事前に体を温めておくことで、汗をかきやすくなります。

水分補給をしてから入りましょう。

【入浴】
お湯の温度は38~40度で、お湯に浸かるのはみぞおちくらいまでにします。

上半身を冷やさないように注意します。

特に冬場は事前に浴室を暖めておきましょう。

上半身をぬらしてしまうと、乾くときに熱を奪ってしまうので、ぬらさないようにしましょう。

タオルなどを肩に掛けておくのも効果的です。

また、フタをしてミストサウナ状態にすると
冷えずに汗をかきやすくなるためオススメです。

入浴時間は20~30分が目安です。

汗を洗い流して出ましょう。

【入浴後】
汗をかいたので、水分補給は忘れずにしましょう。

体が温まっているときは代謝もあがっています。

ストレッチなどを軽くすることで、代謝時間を延ばすことができます。

半身浴ダイエットの注意点は?

汗をかきたいからと無理に長時間、入浴するのはやめましょう。

気持ちよく汗が出てきた程度で終わらせましょう。

体づくりをしたのだから、カロリーを消費しなければ意味はありません。

半身浴と運動やカロリー制限などを併用することでダイエットにつながります。

入浴できないときは、足湯だけでも効果的です。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ