Amazon.co.jp ウィジェット春こそ肌荒れに注意!かゆみもでてくるよ。。 | カラダ研究所

春こそ肌荒れに注意!かゆみもでてくるよ。。

寒くて乾燥する冬を乗り切ったのに、
暖かくなってきた春にも肌荒れをする。。。
しかも、かゆみもでてきてしまった。。。

という女性も多いのではないのでしょうか?

これには様々な原因があるのです。

SPONSORED LINK

春の肌荒れ、主な症状は?

ひとえに春の肌荒れと言っても症状は様々です。

主な症状は
・乾燥肌
・ニキビ
・かゆみ
・赤くなる
・ヒリヒリする
などがあげられます。

春の肌荒れの原因は?

春の肌荒れは症状も様々なら原因も様々です。

・花粉症
花粉症というとくしゃみ・鼻水や目のかゆみがあげられますが、
肌トラブルも意外とあります。

花粉症になりはじめの人や、花粉症ではあるけど症状の軽い人などに多いです。

私は後者で、毎年、花粉症による肌のかゆみに悩まされてます。

・紫外線
冬には弱かった紫外線が、3月頃には強くなっています。

油断していると肌トラブルの原因なります。

・強い風
春一番、というのがあるように、春の風は意外と強いのです。

この風に乗って花粉や黄砂、PM2.5などの刺激物が飛んできます。

また、乾燥肌にもつながります。

・暖かくなる
気温が高くなると、皮脂の分泌量が増えてきます。

過剰になるとニキビの原因になります。

・自律神経の乱れ
春の気候は三寒四温といって、高気圧と低気圧が交互にきて、
温かい日と寒い日の気温差が激しくなります。

気温差についていけずに体調を崩しやすい人がいるように、
体の調子を整えるのが難しくなります。

低気圧自体も自律神経の乱れにつながります。

また、春は新しい環境になることが多い季節です。

そのストレスも自律神経の乱れの原因になります。

春の肌荒れの予防と対策は?

敏感になっている肌をそれ以上刺激しないようにケアしていきます。

・UVケア
なによりも重要なのが紫外線対策です。

曇りでも雨でも紫外線は降り注いでいるので、
しっかりと日焼け止めを塗りましょう。

(関連記事)
日焼け止めのおすすめは?海でも大丈夫なのは?
飲む日焼け止め「ヘリオケア」皮膚科推奨っていうけど効果はどう?

・保湿
肌荒れをしていると化粧水だけになってしまいがちですが、
しっかりと乳液やクリームなども使い、水分を閉じこめるようにします。

敏感肌用のものを使用するとよいでしょう。

・洗顔
洗いすぎは、かえって乾燥を招くことになります。

朝は洗顔フォームなどを使わずにぬるま湯のみで洗いましょう。

帰宅後は速やかに化粧を落としましょう。

まずはぬるま湯で表面の汚れを落とします。

次にクレンジングです。

オイルタイプは避け、ミルクタイプやジェルタイプを選びましょう。

洗顔はよく泡立て、泡で包み込むようにし、
流した後の水分もタオルで吸い取るようにします。

こすりすぎないよう注意しましょう。

・食事
季節の悩みには季節のものをとるのがオススメです。

イチゴ、アスパラガス、春キャベツ、スナップエンドウ、菜の花、
などを食事にとりいれましょう。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ