Amazon.co.jp ウィジェットアロエの効果は?食べるにはどうすれば良い? | カラダ研究所

アロエの効果は?食べるにはどうすれば良い?

アロエが身体に良いと聞きました。

そこで今回は、アロエにはどのような効果や効能があるのか、
また、食べるにはどうするのが良いのか
を調べました。

SPONSORED LINK

アロエの効果と効能は?

アロエはアフリカ原産でユリ科の多肉植物です。

種類が豊富で、200ほどが知られています。

アロエは、便秘の改善や胃を健康にする効果があります。

また、日焼けなどのかるい火傷や乾燥肌の保湿効果があります。

そして、肌への保湿の他、美白効果もあります。

アロエはその種類によって効果が違います。

健康にもっとも効果があると言われているのは、アロエベラです。

サプリメントやジュース、クリームなどに加工されるアロエは、
アロエベラとキダチアロエ、ケープアロエがほとんどです。

アロエベラは、約2000年以上前から、ギリシャやエジプトで
便秘薬をはじめとする万能薬として使われてきました。

中国では、「ろえ」と呼ばれ漢方薬として使われてきました。

このように、アロエが民間薬として利用されてきた歴史は長く、
今でも、火傷・切り傷、あかぎれ、ひびなどに使用されています。

国によっては、アロエを便秘薬として承認しているところもあります。
0107_01

アロエの効果的な摂取方法は?

アロエを生で食べる場合は、自宅で育てたものを食べましょう。

食べるときには、外皮をきれいに取り除いて、
葉肉部分だけ食べるようにします。

外皮はアロエ独特の苦みがあるので、生食には適しません。

アロエを、ジュースなどの加工品で摂れば、生と比べて飲みやすくなります。

とは言っても、アロエ100%のジュースは、アロエ独特の味があるので、
他のジュースと混ぜれば飲みやすくなります。

しかし、摂取しすぎには注意しましょう。

アロエの摂取量は、100%ジュースで一日30mlです。

アロエは食べたり飲んだりするだけでなく、
アロエの保湿力と整肌効果を生かした、
化粧水やクリーム、軟膏などに配合され利用されています。

火傷などの応急処置で、生のアロエを使用する場合は、
外皮を取り除いた葉肉の部分を肌に貼りつけるようにします。

長い歴史のあるアロエ療法ですが、摂りすぎには注意してください。

便秘薬として処方される場合、
医師の指導なしで2週間以上の連続摂取は避けるようにと言われています。

これは、アレルギー反応やけいれんが起きることがあるからです。

また、妊娠している方や12歳以下の子供には摂取させないように注意してください。

アロエは身体を冷やす効果があるので、
冷え症や身体が弱っている人は摂取を避けた方がいい
でしょう。

アロエは歴史のある、健康効果が高い植物です。

適量と使用期間を守って利用すれば比較的安全です。

くれぐれも摂りすぎには注意しましょう。

最後にアロエ商品をご紹介します。

自宅でアロエを育てるのは、ちょっと面倒。。。、
という方は、是非、お試しください。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ