Amazon.co.jp ウィジェットプチ断食中にコーヒーを飲んでもOK? | カラダ研究所

プチ断食中にコーヒーを飲んでもOK?

断食が身体に良いという事は知っていますが、
本格的な断食はちょっときついと思い、
プチ断食をしてみようと思います。

そこで今回は、プチ断食にコーヒーを飲んでも良いのか、などプチ断食のあれこれを調べました。

SPONSORED LINK

プチ断食とは?

断食と聞くと、山にこもって厳しい修行をするようなイメージがあります。

けれど、「プチ断食」はそのイメージとは違います。

たった1日間飲み物だけを飲み、食事をとることを我慢するという断食です。

ですから、自分の気持ちがしっかり固まっていれば、
決して辛くて苦しいものではありません。

プチ断食は、1日だけというのがポイントであり、おすすめなのです。

プチ断食には、「水だけ断食」、「砂糖水だけ断食」など色々な種類の断食方法があります。

共通するルールは、水分はOKですが、固形物はNGということです。

プチ断食は、内臓を休ませるという事が最大の狙いです。

そこで気になるのはプチ断食の効果です。

期待できる効果は、
「脂肪を燃焼させる効果」、「便秘解消効果」、「新陳代謝がアップする効果」
などです。プチ断食を定期的に行って、健康維持を図るのもいいと思います。

先ほども述べましたが、プチ断食には色々な断食の方法があります。

できることなら、一種類の食材だけでなく、色々なものをバランスよく、
カロリーが低いものを摂取するようにすると、
飽きることなく続けることができると思います。

ダイエット効果を期待するあまり、身体に害が及ぶようなやり方は感心しません。

生活習慣改善の一つの方法として、
プチ断食を取り入れてはいかがでしょうか。

プチ断食のやり方

プチ断食の一番オーソドックスなやり方は、三日間かけて行う方法です。

1日目「断食の前準備」、
2日目「断食本番」、
3日目「断食からの回復」

というスケジュールで行う方法です。

もし土日が休みであれば、週末の金・土・日の三日間で行えば、
生活リズムを崩さずにできると思います。

一日目の「断食の前準備」は、断食を本格的に行う前に、
身体を慣らす目的で行います。

朝食は普段どおり食べます。
昼食は、通常の7~8割程度量を減らします。
夕食はいつもの半分の量にします。

このことは、急にものを摂らなくなって、
胃に負担をかけないようにするために行います。

夕食は、就寝の3時間前までに済ませ、アルコール避けましょう。

2日目の「断食本番」は食べ物を一切摂らないようにします。

しかし、脱水症状を起こす危険を回避するために、
水分は通常より多めにとるようにします。

この場合、お茶かお水がベストです。

3日目の「断食からの回復」は、消化器官に負担をかけないよう、
少しずつ食べるようにします。

最低でも、30時間は何も食べていない状態なので、
朝食はお粥など消化の良いものを摂りましょう。

朝食と昼食は量を少なめにします。

夕食から元に戻しますが、脂っこいものやアルコールは控えましょう。

3日目の回復日は、プチ断食の中で一番重要な日です。

お腹が空いているからと言って、大食いをしては元も子もありません。

断食したこと自体無駄になって、胃腸に負担をかけてしまいます。

3日目は、断食本番の日より重要な日だと言えます。

断食の本番は、水分だけで過ごすので、翌日徐々に普通食に戻す時、
食後の一杯、ということでコーヒーに手が出そうになりますが、
断食中のコーヒーは推奨されていません。

喉が乾いたら、お水か、カロリーの低いお茶を飲むようにしましょう。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ