Amazon.co.jp ウィジェットハイドロキノンの使い方は? | カラダ研究所

ハイドロキノンの使い方は?

美白効果が高い「ハイドロキノン」とは、一体どういうものでしょうか?

そこで今回はハイドロキノンの使い方など、について調べました。

SPONSORED LINK

ハイドロキノンとは?

ハイドロキノンとは一言で言ってしまうと
「お肌の漂白剤」です。

シミの原因となるメラニンを強力に白くする成分で、
できてしまったシミを消してしまう効果があります。

元々は医師の処方のもとに使われていましたが、
2001年に法改正され化粧品への配合が可能になりました。

市販されているものは4%未満の濃度の薄いものになっています。

ハイドロキノンの使い方は?

非常に刺激の強いものなので、
誤った使い方をすると、肌トラブルを招くことになります。

以下の正しい使い方をしっかり守りましょう。

・パッチテストを行う
絆創膏のガーゼの部分にハイドロキノンクリームを塗り、
二の腕の内側などの皮膚の薄い部分に貼り付けます。

24時間ほど放置して、赤みやかゆみ、腫れなどの異常がなければ、
顔に使用しても大丈夫でしょう。

途中で異常を感じたら24時間たってなくてもはがし、
使用を中止した方がよい
でしょう。

・洗顔後に使用
洗顔後、化粧水や乳液でお手入れをした後に、
ハイドロキノンクリームを塗ります。

・綿棒を使う
シミがない部分に塗ると、白斑などの
肌トラブルになる場合があります。

局部のみに塗れるよう、綿棒を使うのがオススメです。

ハイドロキノンを使うときの注意点は?

・紫外線対策を
ハイドロキノンクリームは塗った所に紫外線が当たると、
シミを濃くする性質
があります。

さらにシミを作るのを防ぐためにも、UV対策は行いましょう。

室内にいる場合も、窓を通して紫外線は入ってくるので、
UV対策は必須です。

・使用期限、保存方法を守る
どんなものでもそうですが、使用期限、保存方法を誤ると
中身が酸化など変質して、効果が得られなくなります。

ハイドロキノンの入手方法は?

皮膚科で処方してもらうか、個人で購入します。

個人購入の場合、ネットショッピングの他、
薬局やデパートの化粧品売り場、
さらには東急ハンズやロフトなどでも取り扱われるようになりました。

手に入りやすくなりましたが、非常に刺激の強いものです。

化粧水などに含まれていて普段使いできるものはともかくとして、
皮膚科などで処方してもらうことをオススメします。

もし肌トラブルが起きたとしても、適切な対応をしてもらいやすくなります。

すぐに購入したい方を多いと思いますので、
アマゾンで購入できるハイドロキノンをいくつか紹介します。

用法をしっかり守って、使いましょう。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ