Amazon.co.jp ウィジェットサウナの効果的な活用方法は? 肝臓にも良いって本当? | カラダ研究所

サウナの効果的な活用方法は? 肝臓にも良いって本当?

巷にもよくあるサウナってどのような効果があるか知っていますか?

身体に良いの?疲れるだけなの?知っているようで知らないことが多いサウナ。

お風呂とサウナはどのように違うのでしょうか?どちらが良いの?

気持ち良いから入る、でも良いのですが、
サウナの良いところを知って入ると入る楽しさも倍増します。

そこで今回は、サウナの効果的な活用方法や、肝臓にも良いって本当なのか、
などについて調べました。

SPONSORED LINK

サウナとは

そもそもサウナって何でしょうか?

サウナとはフィンランド式の蒸し風呂のことを一般的に言います。

サウナの発祥はフィンランドとなっています。

フィンランドの各家庭にはほとんどサウナがあるそうです。

身体に良いものとして長く愛されてきているのですね。

1000年以上も前から入っていたようです。伝統がありますね。

サウナの効果・効用は?

サウナの効果・効用で主なものを4つ紹介します。

1. 疲労回復効果
サウナにより酸素の吸収量が増えることになります。

サウナに入ることによりいつもよりも血液の流れが良くなります。

血液の流れが普通のときよりも約2倍の血流が良くなります。

酸素をたくさん取り入れることによって肝臓の負担も減らすことができます。

肝臓は血液をつくります。

血液の循環がよくなると酸素の吸収量が増えます。

酸素をたくさん身体にとることができることによって疲れの軽減に活躍します。

疲れたときは脳の酸欠状態のときがあります。

酸素を十分に体にいれることで疲労回復効果が期待できます。

2. ダイエット効果
普段よりも汗をたくさんかきます。

それだけでも体重は減ります。

それだけでも嬉しいかもしれませんが、これは水分が減っただけで一時的にものです。

この後に水などを飲めばすぐに元の体重に戻ります。

脂肪を減らすのとは違います。

さらに代謝もよくなり、血液循環もよくなります。

普段よりもカロリー消費量が多くなります。

汗をかいたりすることはいつもよりもエネルギーを使うことになるので
ダイエットをしている方には嬉しいと思います。

エネルギーを多く使うことによって脂肪を燃やす働きもでてきます。

継続することによって新陳代謝が良くなり、太りにくい身体にすることもできます。

3. 美肌効果
芸能人の北川景子さんも愛用されているサウナですが、美肌効果もあります。

サウナによっていつもとは違う汗のかきかたになり、
いつも使っていない汗腺が機能します。

よって本当の肌の力がでやすい状態になります。

自然の保湿因子をもった質の良い汗をかくことが可能になります。

同時に皮脂腺も活性化されて毛穴の奥深くにある長年の汚れや
古い皮脂も汗とともに出すことができます。

肌本来の透き通ったみずみずしさが戻りやすくなります。

4. 肝臓など内臓の働きがよくなる
サウナに入ることによって汗を多くかきます。

多くの汗をかくことにより身体の中の老廃物や毒素を体外に排出しやすくなります。

一般的には肝臓は解毒など体の恒常性を保つために大きな仕事をします。

例えばアルコールなどを分解して解毒します。

その他にも大切な働きを肝臓は私達の身体の中で頑張っています。

サウナに入ると、汗を大量にかき体内の不老物質をだすことになるため、
それが肝臓の仕事を減らし、肝臓の手助けになる
のですね。

このようにサウナにはいろいろな効果が期待できますので、
楽しみながら、サウナを活用しましょう!

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ