Amazon.co.jp ウィジェット塩浴(えんよく)の効果的な方法は? | カラダ研究所

塩浴(えんよく)の効果的な方法は?

塩浴の人気が高まっています。

数年前も人気があったのですがまた人気が高まっています。

ブームは普通一度だけが多いですが、このように数度のブームがあるということは
それだけいろいろな効果があり人気があるのです。

そこで今回は、塩浴で効果のでやすい方法があるのか調べました。

SPONSORED LINK

塩浴とは

塩浴とは濃度の高い塩水を全身につけることによって
体の皮脂腺からよけいな皮脂を浸透圧で吸収します。

その時に体の中の不老物質なども同時に外に出すことになります。

いわゆるデトックスですね。

塩には洗浄力がほとんどありませんが、
一つの触媒としての働きになります。

身体の余分な皮脂を浮かせて排出するときに、
毛穴につまった老廃物と共に外に出す働きがあります。

塩浴の効果的な方法は?

以下に5つのステップではいるのが効果的です。

1. 身体を温める。
できれば半身浴などして体全体を温める。

2. 海水を身体全体にぬる。
髪の毛から足の指先までまんべんなく塗る。

海水はできればこれ以上塩が水に溶けないぐらいの飽和状態が良いです。(飽和度30%以上)

使う塩はスーパーに売っている粗塩でOK。(700g 300円ぐらいのもので十分です。)

3. その状態で10分間ほどそのままの状態を保つ
その後に塩を手に取り軽く擦りながら
身体を優しくマッサージするように塗り込みます。

塩浴は塩の浸透圧を利用するのですり込みながら行うのが良いです。

粒のままでは効果が低いのですが、
すり込むことによって皮膚に良い刺激になり
血液循環や身体の代謝が良くなります。

と同時に塩の角質が落とされます。

4. そのままの状態で約20分間半身浴をする。
バスソルトです。

身体の代謝を促します。

5. その後に水などでシャワーを浴びて、全身の塩類を落とす。

この一連の流れで行う方法が一番効果が期待できます。

時間がかかることがネックに感じるかもしれませんね。

しかし、塩の不思議な力は計り知れません。

浄化するエネルギーは驚くほどです。
一度実感してもらうことが良いでしょう。

塩浴のお得な効果は?

人によって効果もいろいろあります。

体質や塩浴の方法により効果に違いがでます。

10分間じっとしていたり、20分間半身浴をすることが
できる方は少ないかもしれません。

最初は出来る範囲で構いません。

はじめのうちは10分を3分にしたりでも問題ありませんので、
徐々に時間を増やしていきましょう。

塩浴後すぐに、または次の日には代謝率があがり、
驚くほどです汗をかくようになる人がいます。

代謝が良くなることで、毒素が体外に出やすくなります。

塩浴により便秘が改善することも多くあります。

これも身体の流れがスムーズになったのかもしれませんね。

アトピーなども改善された例は数えきれないほどです。

さらに運動不足や食べ過ぎ、水太りなどダイエットが必要な方にも
健康的なダイエット方法の一つになります。

多少、面倒くさいものの、あまりお金をかけずにできますので、
色々なダイエットを試してみて、上手くいかなかった方は
一度、試してみると良いと思います。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ