Amazon.co.jp ウィジェット白湯の効果は?お茶でも同じ効果ある? | カラダ研究所

白湯の効果は?お茶でも同じ効果ある?

白湯が体にいいと聞きましたが、本当に効果があるのでしょうか?

沸かしたお湯で、様々な効果が得られるなら、
お茶を飲んでも同じような効果が得られるのではないかと思います。

そこで今回は、白湯の効果や、お茶でも同じ効果があるのか、などを調べてみました。

SPONSORED LINK

白湯とは?その効果は?

白湯(さゆ、しらゆ)は、水を沸かしただけで、
何も入れていないお湯の事です。

湯冷ましは、そのお湯をぬるく冷ましたもののことで、
いったん沸騰させた湯冷ましは、カルキなどの不純物が抜けて口当たりがよく、
柔らかくて飲みやすくなります。

白湯を飲み、内臓を温めることで血流がよくなります。

内臓の温度が1度上がると、免疫力が30%上昇し、
基礎代謝も、10~12%上がると言われています。

このような状態では、脂肪が燃焼されやすくなるので、
白湯で、痩せやすい体質へと変えることも可能です。

内臓を温めることにより、弱っていた内臓の動きも活発になります。

胃腸が弱っている方、飲みすぎ、ストレスなどで体調が思わしくない方には、
白湯を飲むことをお勧めします。

白湯は水と違って、柔らかで飲みやすいので、身体に吸収されやすいです。

どんどん飲むことによって、利尿作用が高まり、体内の老廃物が洗い流されます。

腎臓や肝臓の働きを活発にし、新陳代謝も高まります。

水分摂取によって、便秘の解消にもなります。

白湯を飲んで、胃腸が温まると、新陳代謝が高まり、体内に熱がたくわえられるので
冷え症でお悩みの方の体質改善にも役立ちます。

夏場のクーラーによる冷え過ぎの冷え取りにも効果があります。

夏こそ、温かい飲み物を摂りましょう。

白湯の作り方とその飲み方と量は?

白湯の作り方をご紹介します。

一番ナチュナラルな方法は、やかんで水を沸騰させ、
沸騰したらやかんの蓋を取って、湯気が上がるようにします。

火はまだとめないでください。

泡がブクブク立ってきたら火を弱め、10~15分くらい沸かし続けます。

そして、飲める温度まで冷まして、ゆっくり飲んでください。

忙しくて時間がかけられない人には、こんな方法があります。

耐熱のマグカップにミネラルウオーターを入れて、
500Wの電子レンジで1分半くらい温めます。

それを、時間をかけてゆっくり飲みます。

温度は、体温より少し熱めの温度が最適です。

お白湯は、起き立てに飲むのが良いと言われています。

目が覚めたときは、身体の水分が不足しているので、
体温に近い白湯を飲むと、身体に早く吸収されます。

朝食は、白湯を飲んでから30分後に摂るのが理想的です。

食事中にカップ一杯程度の白湯を、
ゆっくり飲むのもいいと思います。

白湯が苦く感じられる場合は、毒素がたまっているからです。

白湯を日常的に飲むことによって、老廃物が体内から除去されると、
白湯が甘く感じられると言われています。

白湯の1日の摂取量は800ml程度がいいでしょう。

あまり飲みすぎると、栄養素まで流してしまう可能性があります。

白湯は、自然に体温程度に冷ましてから、
ゆっくりすするように飲むことをお勧めします。

白湯の代わりにお茶では効果がでないでしょうか?

前述した白湯の効果は、温かいお茶ではだめなのでしょうか?

お茶には、カテキンやポリフェノール・カフェイン等色々な成分が含まれています。

ですから、お茶を飲むと、胃腸は様々な成分の代謝をするために負担がかかります。

お茶の種類によっては、身体に与える影響が、
温性のものもあれば、冷性なものもあります。

このように考えると、純粋である白湯のほうが、
身体に良いことがわかります。

白湯を飲んでも、身体は代謝を必要としないので、
負担をかけることなく、体内を綺麗にしてくれるのです。

手軽にできる「白湯」パワーを是非、試してみてくださいね。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ