Amazon.co.jp ウィジェットココナッツオイル顔に塗った場合の効果は?顔用にオススメのココナッツオイルは? | カラダ研究所

ココナッツオイル顔に塗った場合の効果は?顔用にオススメのココナッツオイルは?

ココナッツオイルは、食べたり飲んだりする以外にも、
顔に塗っても美容効果が有ると聞きました。

そこで、そのことを詳しく調べてみました。

SPONSORED LINK

ココナッツオイルの顔への美容効果は?

ココナッツオイルは飽和脂肪酸が多く、
品質が安定しているのが特徴です。

また常温で保存することができるので、
冷蔵庫に入れる必要はありません。

このココナッツオイルは、食べるだけでなく、
お肌や髪の毛に塗るだけでスムーズに浸透し、付け心地がよく、
顔から髪の毛、身体まで全身の保湿に使用できます。

洗顔後のスキンケアに、
ココナッツオイルを乳液代わりに使います。

おすすめの使い方は、洗顔後の顔にココナッツオイルを少量塗ります。

その後化粧水をつけると、ココナッツオイルの成分が皮脂に近いため、
ブースターとなって、化粧水の浸透を高めてくれます。

またメイク落としとしても使用できます。

ココナッツオイルの効果はこのほか、アンチエイジング効果があります。

抗酸化物質が豊富に含まれているので、
肌に潤いとハリやツヤをもたらしてくれます。

またトコリエノール(スーパービタミンE)が含まれているので、
シミにも効果があります。

このように、ココナッツオイルは保湿化粧品として優れた効果を発揮します。

ココナッツオイルの顔への塗り方と注意点は?顔用に適したココナッツオイル商品は?

ココナッツオイルの顔への使い方についてみてゆきましょう。

化粧水や乳液と併用して使用する場合は、
化粧水、乳液、ココナッツオイルの順番で使用します。

これは、他のオリーブ油などでも同じです。

ココナッツオイルは、水分を溜めるために使用するので、油分が少ない順に使います。

一方で、先にココナッツオイルを塗ってからスキンケアを行うと、
化粧水の浸透率が高くなる
と言われているので、
目的に合わせて試してみるのもいいと思います。

スキンケアとしてココナッツオイルを使用するのは、

①水分を逃がさないために使う → 最後にココナッツオイルを使う
②化粧水の浸透率を高めるために使う → 最初にココナッツオイルを使う

という事です。

顔にココナッツオイルだけを塗る場合は、
あまり塗りすぎてべたつかない程度につけるのが良いでしょう。

顔にココナッツオイルを適量すりこんで、軽くマッサージします。

時期によって油肌の方は、少しでもべたつくことがあると思います。

そういう場合はティッシュなどでふき取ってください。

ココナッツオイルを塗りすぎると、
オレイン酸の影響で毛穴が大きくなると言われています。

適量をきちんと守りましょう。

また、普通肌や脂性肌の方がたくさんオイルを塗ると、
ニキビができることがあります。

やはり、べとつかない程度に塗るのがいいでしょう。

最後に、顔用におすすめのココナッツオイルをご紹介します。

・オーガニックバージンココナッツオイル


バージンココナッツオイルは安心安全ですので
顔・髪の毛他、全身に使えます。

妊娠中や授乳期間にもお使い頂けます。

                   
                   

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ