Amazon.co.jp ウィジェットケトン体ダイエットとは?ココナッツオイルを使うやり方は? | カラダ研究所

ケトン体ダイエットとは?ココナッツオイルを使うやり方は?

ケトン体ダイエットと言うダイエットのがあるのを最近知りました。

そこで今回は、ケトン体ダイエットとはどのようなダイエットなのか色々調べました。

SPONSORED LINK

ケトン体ダイエットとは?その効果は?

ケトン体ダイエットとは、別名アトキンス式ダイエットとも呼ばれ、
ダイエット開始から2週間ほどで、炭水化物の量を極端に減らし、
血糖値やインスリンをコントロールして
体脂肪が消費されやすい体質を作る方法
です。

開始から2週間が経過したら、体調や体重の変化を見ながら、
少しずつ炭水化物の量を増やしてゆきます。

極端な炭水化物制限をするのは、開始から2週間だけです。

また、制限するのは炭水化物だけで、
たんぱく質や脂質は特に制限しません。

だからと言って、食べすぎは禁物です。

食事から炭水化物を極端に減らすと、
すい臓でインスリンがつくられなくなるため、
血糖値が下がります。

すると、身体は糖に代わるエネルギー源として、
体内の脂肪を分解した「ケトン体」を使い始めます。

食事から摂る糖の代わりに、
脂肪が分解されてできたケトン体が
エネルギーとしてつかわれるため、
体脂肪が効率よく減少するという理論
です。

ケトン体ダイエットの効果は比較的すぐに
実感できると言われています。

まず手始めに、夕食の炭水化物を抜いてみてください。

翌日は、早く目が覚め、
顔のむくみも取れているのを
実感できることでしょう。

体内にケトン体が発生するのは、
糖質を断って5時間ほどで顕著になります。

遅くとも24時間以内には普段との違いを実感できるでしょう。

ケトン体ができると、
脳の働きを助けるエネルギー源になるので、
普段より頭の回転が良くなった、

などの報告もなされています。

米国の医学会では、「ブドウ糖よりもケトン体の方が脳に優れたエネルギー源である」
という見解で統一されつつあるようです。

ケトン体ダイエットの効果をまとめると、

●食欲抑制効果
●体脂肪をエネルギーとして利用
●筋肉量はキープ
●血中の中性脂肪を減らし、動脈硬化予防効果

ということになります。

ケトン体ダイエットのやり方は?

これほど効果がはっきりしている、
素晴らしいケトン体ダイエットのやり方について調べました。

何種類もあるので、主だったものをご紹介します。

■精製された白砂糖と炭水化物以外は、何を食べても構わない。
ご飯やパン、麺類、甘いお菓子、お好み焼き屋餃子、
でんぷんを多く含むイモ類、
糖質が多い果物(バナナ・パイナップル))は避ける方法です。

■最初の2週間は、炭水化物の量を一日の摂取カロリーの5%に抑える。
例えば、一日に2000kcal摂取している人は、
炭水化物の量を100kcal(25g)以内に抑えるということになります。

この制限を続けることで、体脂肪がエネルギー源として利用される「ケント体」になります。

2週間が過ぎたら、一日の摂取カロリーに占める炭水化物の割合を6%からはじめて、
1週間に1%ずつ増やしてゆきます。

最終的には、20%を超えないようにします。

ケント体になると、甘酸っぱいダイエット臭がするようになります。

また脱水症状を防ぐために、水や甘くないお茶などを飲みましょう。

■ココナッツオイルを利用する
ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸は直ぐ燃焼されて、
身体にたまりにくい脂です。

摂取すると直ぐ肝臓で分解されてケント体に変わります。

その結果、体脂肪からケント体を作る回路が活性化されて減量を助けてくれます。

コーヒーに入れて飲むといいです。

■朝ジュースでケント体質に
旬の野菜+旬の果物を基本としたジュースを朝食にすると、
血糖値とインスリンの分泌が安定して、ケント体回路を働かせます。

ケント体ダイエットには、たくさんの素晴らしい効果がありますが、
方法を間違えると、不快症状や病気の原因になることがあります。

今回、ご紹介させて頂いた正しい知識で、正しく実践してくださいね!

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ