Amazon.co.jp ウィジェット乳酸菌は健康に効果があるって嘘なの? | カラダ研究所

乳酸菌は健康に効果があるって嘘なの?

皆さんは乳酸菌という名前を聞いたことがあると思いますが、
私たちの体にどのような影響をもたらすかご存知ですか?

体に良いイメージを持っている人が大半だと思います。

ですが、中には、健康に良いというのは嘘で、
実は悪影響を及ぼすという考え方もあるようです。

そこで今回は、乳酸菌は健康に効果があるって嘘なのか、調べました。

SPONSORED LINK

乳酸菌とは?

そもそも乳酸菌とは菌の名称ではなく、
特定の性質に対して名づけられたものなのです。

その性質とは、
「発酵されたときに大量の乳酸を作り出し、悪臭を放つ腐敗物質は作り出さない」
というもので、
その性質の通りヨーグルトなどの発酵食品に含まれています。

つまり、乳酸菌と呼ばれているだけであって、
乳酸菌という種類の菌は存在しない
のです。

乳酸菌の効果とは?

乳酸菌は体内の悪玉菌を減らして、善玉菌を増やすという効果があります。

もちろん善玉菌が増えれば、体の調子も整えられて健康的になるのです。

代表的な効果としては、
発ガン予防・免疫力向上・腸内環境改善・感染病予防・便秘解消
などの効果があります。

善玉菌が増えることによって病原体の増殖を抑えてくれるので、
上記のような効果が期待できるのです。

乳酸菌の摂取方法とは?

先ほども説明したように、ヨーグルトなどの発酵食品に多く含まれています。

最近では乳酸菌の効果に関心が高まり、
ヤクルトなどの乳酸菌飲料も販売されていますね。

中には定期的に自宅まで届けてくれるサービスもあるので、
比較的簡単に入手することができると思います。

通販でも売られており、「善玉菌のチカラ」というサプリメントが
効果・価格ともに人気の高い商品のようなので、ぜひ試してみてください。

ただ注意してほしいのが、乳酸菌は薬ではありません。

乳酸菌によって善玉菌を増やしていき、
体内の環境を徐々に健康にしていくというものです。

ですので、少し摂取してもすぐに効果はでませんし、
人によって効果に個人差もでてきます。

乳酸菌を摂取する場合には、長期的に継続する必要があるのです。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ