Amazon.co.jp ウィジェット便秘薬、副作用が少ないのは?オススメの便秘薬はコレ! | カラダ研究所

便秘薬、副作用が少ないのは?オススメの便秘薬はコレ!

便秘に悩んでいる女性は多いのではないでしょうか。

食事などに気をつけていても改善しない場合、
便秘薬を使う人も多いと思います。

しかし、副作用が気になり、
便秘薬を使うのをためらっている方も
多いと思います。

そこで今回は、便秘薬の副作用や、副作用が少ない便秘薬について調べました。

SPONSORED LINK

便秘薬の種類は?副作用が少ないのは?

便秘薬にもいろいろと種類があります。

【刺激性下剤】
腸の運動を高める下剤です。

・大腸刺激性下剤
市販の錠剤の多くがこれに当たります。

センナやアロエなどの生薬、
漢方の大黄などがこれにあたります。

・小腸刺激性下剤
オリーブオイルなどの便秘に効果がある
植物油がこれに当たります。

副作用は少なく、ほとんどありませんが、
効果も緩やかです。

【機械性下剤】
便に水分を吸収させて柔らかくし、
排出しやすくする下剤です。

・塩類下剤
マグネシウム系の塩類の浸透圧を利用することで、
腸管内の水分量が増え、
便に水分を吸収させやすくします。

・膨張性下剤
食物繊維と同じような働きをします。
大量の水と飲むことで、
便の量が増え、排便を促します。

即効性はなくほとんど副作用がありませんが、
まれに嘔吐や腹部膨満感があります。

・座薬
肛門から挿入することで、直接腸に刺激があるため、
即効性があるようです。

便秘薬の副作用は?

下剤が効きすぎて、腹痛や下痢になることがあります。

初めて使う場合は最低量からはじめ、使用方法を守りましょう。

大腸刺激性下剤では、長期間の服用で大腸メラノーシスになることがあります。

大腸に色素が沈着し真っ黒になります。

色素が沈着することで大腸の働きが鈍くなり、便秘が悪化します。

オススメの下剤・便秘薬は?

初めて飲む場合は刺激が弱く
副作用の少ないものから試してみましょう。

夜飲むと、次の日の朝にすっきりでることが多いです。

・ミルマグ液(MGファーマ)


主成分は水酸化マグネシウムです。

・タケダ漢方便秘薬(武田薬品工業)


主成分は大黄甘草湯です。

・ピコラックス(佐藤製薬)


主成分は大腸刺激性下剤のピコスルファートナトリウムです。

・コーラック系(大正製薬)
「ピンクの小粒」で有名なコーラックですが、
種類も多いので簡単に説明します。

・コーラックハーブ


主成分はセンナですが、甘草エキス配合で効き目が緩やかです。

・コーラックファースト


少しずつ服用量を調節できるので初めて便秘薬を
使う人に最適です。

・コーラック


他の下剤を飲んでも効かない、という慢性便秘の人にオススメです。

便秘は病気の症状の場合もあります。

おかしいと思ったら、病院に行きましょう。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ