Amazon.co.jp ウィジェット善玉菌を増やす薬は何? | カラダ研究所

善玉菌を増やす薬は何?

メディアで健康について取り上げられている時によく聞く善玉菌と悪玉菌。

なんとなく良いものと悪いものということはわかるけど、
一体どんなものなのでしょうか?

そこで今回は、善玉菌とは何か、善玉菌を増やす薬はあるのか、
などを調べました。

SPONSORED LINK

善玉菌、悪玉菌とは?

私たちの腸内には100種類以上の菌が100兆個も存在しています。

様々な要因により、この菌たちが増減しているのです。

その中で、善玉菌とは腸内を酸性に保ち、消化吸収を助け、
免疫力を上げるといった有益な働きをします。

対して悪玉菌は、腸内をアルカリ性にし、
毒素を発生させたり、発がん物質を作ったりします。

身近なところでは、おならや便の悪臭の原因にもなります。

これだけ聞くと「悪玉菌は必要ないじゃない!」と思われますが、
肉類の分解には悪玉菌が必要ですし、
全くない状態では免疫機能が鍛えられず、
もっと体に害のある菌が侵入してきたときに戦う力がなくなってしまいます。

善玉菌と悪玉菌のバランスが大事なのです。

善玉菌を増やすには?

善玉菌を増やすには、
基本的には食事から増やすのが理想的です。

・乳酸菌を摂る
乳酸菌には、悪玉菌を減らす効果があります。

代表的なヨーグルトや乳酸菌飲料以外にも、
ぬか漬けやキムチなどの発酵させる漬物や、
味噌やチーズなどの発酵食品にも乳酸菌は含まれます。

・オリゴ糖や食物繊維、グルコン酸を摂る
もともと腸内にいる善玉菌(乳酸菌)にエサとして与えることで、増えていきます。

はちみつにはオリゴ糖とグルコン酸の両方が含まれています。

無糖のヨーグルトにはちみつを混ぜて食べるのがオススメです。

また、大豆やゴボウ、バナナもオリゴ糖と食物繊維を多く含む食材です。

・納豆菌を摂る
納豆菌には悪玉菌を殺す働きがあります。

納豆は発酵食品であり、原料の大豆はオリゴ糖を多く含みます。

腸内環境の為には、積極的に摂りたい食品です。

善玉菌を増やすサプリメントや薬は?

1番オススメのサプリは「善玉菌のチカラ」です。

・善玉菌のチカラ

カスピ海ヨーグルトの乳酸菌を1粒に20億個以上も凝縮されており、
その乳酸菌が悪玉菌を減らしてくれます。

まずは気軽に試してみたい、という方のために
ドラッグストアで購入できるものもご紹介します。

・乳酸菌EC-12(DHC)


ドラッグストアのサプリメントといえば、といった会社です。

・ノアレ(ヤクルト ヘルスフーズ)


通販限定でタブレットタイプも販売しています。

・新ビオフェルミンS(ビオフェルミン製薬)


薬ですが、日常的に継続して飲むことが可能です。

・新グロスキュー整腸薬(クロレラ工業)


こちらは一般的なドラッグストアでは売っていませんが、私が愛用している商品です。
クロレラをエサとして、腸内の善玉菌を増やす働きがあります。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ