Amazon.co.jp ウィジェット炭水化物ダイエットが効果なしになる3大原因は!? | カラダ研究所

炭水化物ダイエットが効果なしになる3大原因は!?

炭水化物ダイエットに限りませんが、
いろいろなダイエットをやってみても効果なし。。。
と悩んでいる人が多くいます。

なぜ同じダイエットをしていても効果が出る人と
効果なしの人がいるのでしょうか?

結果が違うということは原因があります。

そこで今回は、人気の炭水化物ダイエットが効果なし、になってしまう原因を調べました。

SPONSORED LINK

炭水化物ダイエットとは?

炭水化物ダイエットとは普段の食事の中の炭水化物を少なくすることです。

ここで間違ってほしくないことは炭水化物を抜くことではありません。
少なくすることです。

食事はタンパク質、脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラルなどを
バランスよく摂る
ことがいわれています。

これらの炭水化物を一時的に減らすことでダイエットができます。

血糖値とインシュリンの関係で痩せる体に炭水化物ダイエットになります。

炭水化物ダイエットの効果なし3大原因

炭水化物ダイエットの効果なしの理由1
先ほども書きましたが、
炭水化物を極端に少なくすれば痩せられると思っている人が多いです。

炭水化物は食事の主食になります。

身体にとって大切なものになります。

全くなくすことは健康的なダイエットにはよくありません。

炭水化物の量は20%減らしましょう。

つまりいつもの80%の炭水化物は食べたほうがよいです。

極端に少なくすると空腹感も強くなり、
リバウンドやストレスにつながり、効果がでなくなります。

炭水化物ダイエットの効果なしの理由2
理由の2番目は早食いしてしまうことです。

太ってしまうかたの多くは早食いの癖があることが多いです。

早食いは、噛む回数も少なくなり、
同じ量を食べても満足感があまり得られません。

脳の満腹中枢が刺激されるのも時間差があります。

ゆっくり食べることで満腹になるために、
満足して少ない量で食事を終ることができます。

炭水化物ダイエットの効果なしの理由3
3番目の理由は、炭水化物を一番最初に食べてしまうことです。

炭水化物を好きな人がやはり多いです。

糖質ですから美味しいです。

よって一番最初に食べてしまいがちになります。

しかし一番最初に食べることによって血糖値が上がりやすくなります。

そうなると脂肪を吸収しやすくなりダイエット効果なし、となってしまいます。

効果的な食べ方としては野菜などのビタミン、ミネラル類を最初に食べるようにすることにより、
血糖値が緩やかにあがり満腹度も上がります。

食べ過ぎも防ぐことができます。

野菜類、タンパク質、炭水化物との順番で摂ることで
炭水化物ダイエットの効果が高くなります。

以上、3つの点の気をつけて
ぜひ、再度、炭水化物ダイエットにチャレンジしてみてください!

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ