Amazon.co.jp ウィジェット高温反復浴のやり方は?そのダイエット効果は? | カラダ研究所

高温反復浴のやり方は?そのダイエット効果は?

入浴でのダイエット方法はさまざまです。

そこで今回は、高温反復浴のやり方や、そのダイエット効果について調べました。

SPONSORED LINK

高温反復浴とは?

その名の通り、熱いお湯に
休憩をはさみながら繰り返し入る方法です。

熱いと言っても40~42度ほどなので、
慣れると気持ちよく入ることができそうです。

高温反復浴の効果は?

熱いお湯に全身入ると交感神経が高まり、
心拍数や呼吸回数が増えます。

ちょっと息苦しいな、と感じる人もいるかもしれません。

これは運動している状態と同じなので、
カロリー消費が増えているのです。

高温反復浴でのカロリー消費は300~400kcalほど。

これはジョギングやエアロビクスなどの有酸素運動を
1時間~1時間半ほど続けたくらいの消費量になります。

また、全身浴することで水圧がかかります。

新陳代謝が活発になり、むくみにも効果的です。

毎日入ることで、脂肪が燃焼しやすい身体作りにもつながります。

高温反復浴のやり方は?

高温反復浴のやり方ですが、
基本的には出たり入ったりを繰り返します。

1.汗をかくので、入浴前に水分補給をします。浴室に持ち込むのもよいでしょう。
2. いきなり高温で入るのは体に負担がかかりすぎるので、
まずはぬるめのシャワーを浴びます。

3.1回目の入浴(3~5分)
足から徐々に入り、体を慣らしながら肩までつかります。
4.休憩(5分)
湯船からあがります。この間に体などを洗ってしまいましょう。
5.2回目入浴(3分)
体が慣れてきているので、普通に肩まで使って大丈夫です。
6.休憩(5分)
7.3回目入浴(3分)
8. お風呂から上がります。汗を大量にかいているので、水分を補給しましょう。

高温反復浴の注意点は?

入浴前後で水分補給は必ず行いましょう。

水分を補給しないと脱水症状を起こしてしまいます。

半身浴と違って、体力の消耗が激しい入浴法です。

基本的には運動するのと同じように考えていいと思います。

食後や体調が悪い時、疲れている時はやめておきましょう。

また妊婦さんにもオススメできません。

元気な時でも、1日2回まで、6時間の間をあけて入浴しましょう。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ