Amazon.co.jp ウィジェットお尻痩せダイエットにはどんな方法があるの?短期間で効果が出るのはどれ? | カラダ研究所

お尻痩せダイエットにはどんな方法があるの?短期間で効果が出るのはどれ?

年齢を重ねると、徐々にお尻がたるんできます。

カッコいいパンツをはいてもさまになりません。

そこで今回は、お尻痩せダイエットにはどのような方法があるか、調べました。

SPONSORED LINK

お尻痩せダイエットの方法は?

お尻についた余分な脂肪は落ちにくいと言われています。

普段しているような、ストレッチや筋肉トレーニングをしても効果は中々現れません。

お尻には、お尻痩せダイエットの方法があります。

それをご紹介します。

一番合った方法を選んで美尻を手に入れましょう。

お尻痩せのその1は、大殿筋を鍛えることです。

お尻には歩くことで鍛えられる筋肉があるので、
たくさん歩くことによってお尻の大殿筋を鍛え、
ヒップアップを目指しましょう。

そうはいっても、だらだら歩いても効果は期待できません。

お尻にちからを入れるように歩いたり、
普段とは違う歩幅で歩くことによって、
広い範囲の筋肉を鍛えることができます。

その結果、お尻が引き締まり小さく見えるようになります。

この方法は、日常の生活の中で簡単にできる方法なので、
歩くスピードや歩幅を変えるなどの工夫をして、
お尻の筋肉を鍛えましょう。

お尻痩せのその2は、全体的に脂肪を落とす方法です。

特に下半身を使う運動をすることで、
お尻の大殿筋が鍛えられ、
お尻やせ効果が期待できます。

どのような運動が良いのかと言うと、「ウオーキング」「エアロバイク」です。

これらを行うことによって、お尻と太ももの筋肉が鍛えられ、
下半身全体の引き締め効果が期待できます。

有酸素運動なので、体脂肪の減少にもつながります。

お尻痩せのその3は、ストレッチです。

身体をまっすぐにして立ちます。

片脚を後ろにひき、足首を90度にします。

そのまま脚を内側から外側に向けてぐるぐる回します。(10秒)

続いて逆回転で同じことをします(10秒)

脚を変えて2~4回行います。

これを2~3セット行います。

このストレッチは、血行が良い状態で行うとより一層効果が期待できるので、
風呂上りにすると良いでしょう。

お尻痩せのその4は、ヒップアップエクササイズです。

この方法はお尻の脂肪を落とそうと言うのではなく、
ヒップアップにつながるようなエクササイズによって、
脚を長く見せお尻も上に上がり
小さく見えるようになる効果が有ります。

これは、とても簡単な方法で、「お尻歩き」です。

脚を伸ばして床に座り、そのままお尻で床を歩きます。

このことによってお尻の筋肉を使うので、シェイプアップ効果が出ます。

お尻痩せのその5は、リンパの流れをよくすることです。

お尻が大きく見えるのは、老廃物が溜まっていることが原因の一つにあげられます。

これらを体外へ排出できるよう、体内の流れを良くすることが、
美尻を作る大切な要素になります。

もともと女性は子宮を守るため、
腰やお腹周りに脂肪がつきやすく、
基礎代謝が落ちてくると更に脂肪がつきやすくなります。

そうなると、体内の老廃物が排出されにくくなって
下半身に溜まってしまいます。

それで、下半身が大きくなってお尻も大きく見えてしまうのです。

ですから、食生活の改善をはかったり、
適度な運動を取り入れて、
健康的な身体を作り上げることが大事です。

お尻痩せダイエット、短期間で効果が出るのは?

キュッと持ちあがったお尻が欲しい、パンツをカッコよくはきこなしたい、
などと思っている方が多いと思いますが、
前述した方法では、効果が出るまで時間がかかります。

女性の下半身は本当に痩せにくいです。

そこで、即効性のあるお尻やせ方法をご紹介します。

是非お試しください。

そのエクササイズはネットで話題になった通称「キャメロン」です。

むくみの解消や、ヒップアップ、脚長効果が期待できるものです。

ハリウッドセレブの間で人気のトレーナーさんによるエクササイズで、
キャメロン・ディアスも行っているので、この名がついたともいわれています。

1. 脚を肩幅よりやや狭く開いて立ちます。
これが基本姿勢です。
2. 脚を横へ踏み出して指先が床に触れるよう屈みこみます。
3. 2の状態から1の基本姿勢に戻ります。
4. 踏み込んだ方と同じ脚を後ろに引き、軸足の膝を曲げます。
この時両腕は背伸びをするように上へ伸ばします。
5. 4の姿勢から1の基本姿勢に戻ります。
この動作を繰り返し行います。左右10回ずつ行いましょう。

日本の芸能人の間で流行っているのは、お尻上げエクササイズです。

1. 仰向けになります。
2. 両膝、かかとくっつけて、膝を立てます。
膝の間に何か挟むものがあると良いです。
弾力性のあるボールやクッションなどがおすすめです。
3. お尻とかかとは出来る限り近めに。
4. お尻を上へ持ち上げます。
この時、体が一直線になるように、また脚の力は内側へ。
5. お尻の上げ下げを10~30回繰り返します。

ゆっくり行うのがポイントです。

はさむものは、バランスボールミニを使います。

健康的でバランスのとれた身体をつくるためには、
部分的なシェイプアップだけではなく、
身体の内部から整えることが必要です。

基本的には、お尻の筋肉は普通の生活をしているだけで鍛えられる面があります。

継続してできるよう、自分に合ったエクササイズでちょっと工夫を加えながら、
理想の体型になるよう強い意思を持って続けましょう。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ