Amazon.co.jp ウィジェットシャンプー、シリコン入りは良くないって本当? | カラダ研究所

シャンプー、シリコン入りは良くないって本当?

シャンプーにはシリコン入りシャンプーと
ノンシリコンシャンプーがありますが、
シリコン入りは髪には良いのか良くないのか?

いろいろな噂などを見てみました。

シリコンとはそもそもなんなのでしょうか?

私なりにいろいろ調べて気になったことなどをお伝えいたします。

SPONSORED LINK

シリコンとは?

聞いたことがあるようでよくわからない言葉【シリコン】。

正式名称は【シリコーン】というそうです。

有機化合物というと難しいのですが、
人工化合物で安全なものです。

調理器具などにも使われています。

シリコンスチーマーなどはそうですね。

医療や食品にも多くの私たちの生活に使われています。

シャンプーやコンディショナーなど
ヘアケア製品にも幅広く使われています。

シリコンは良くないと聞くこともありますが
そのようなことはないです。

石けんや化粧品に使われています。

シリコンシャンプーの特徴

シリコン入りシャンプーが多くでていますが、
シリコンの効果は頭を洗ったりするときに
指の通りが良くなります。

シリコンには、
髪の毛どうしの摩擦を少なくする力があります。

さらに髪にツヤを出し、しっとり感もだし
髪の毛の質感を良く調整することができます。

シリコン入りシャンプーって良くないのか?

シリコン入りシャンプーは頭や髪の毛に
良くないということはありません。

シリコーンの特徴は安全性ですから、
頭の皮膚や髪の毛を悪くすることはありません。

もちろんかゆみや抜け毛が起きることもありません。

シャンプーに入っているシリコンはとても細かい粒子のために
長く付着し続けることがありません。

コンディショナーとしてのシリコンも
洗髪の時に洗い流されるために
髪の毛に蓄積されることも心配しなくて大丈夫
です。

しっかりと洗い流すようにすれば
シリコンによる良い効果を期待できます。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ