Amazon.co.jp ウィジェット夜の眠気覚まし、おすすめの方法は? | カラダ研究所

夜の眠気覚まし、おすすめの方法は?

夜にやりたいことがあるのに
眠気に負けて、寝てしまうことってありませんか?

夜ごはんを食べると更に眠くなったり。。。

そこで今回は、夜の眠気覚まし方法に何か良い方法はないか?
夜にしっかりと集中して起きているにはどうしたら良いか?

調べてみました。

SPONSORED LINK

眠気覚ましのいろいろな方法

眠気覚ましにもいろいろあります。

まずどのような眠気覚ましがあるかを知っておくだけでも
安心感につながり眠気の解消になります。

夜に眠くなることが多いようなので
夜の眠気対策をお知らせします。

一般的な眠気覚ましの方法は

・眠くなったらコーヒーや緑茶などカフェインをとる。
・ガムなどを噛んで脳の血流量を増やす。
・アップテンポの音楽などを聴く。
・簡単な運動をする。(腕立て伏せや散歩など。)
・ストレッチや指を動かす。
・ゆっくりと深呼吸をする。
 (酸素の入れ替えになり気分のリフレッシュになります。

などです。

五感を刺激することによって人間は覚醒しやすくなります。

眠気覚ましには五感を使うことを考えると良いようです。

夜の眠気覚ましを考える

お昼のときは昼寝という言葉があるように
少しの仮眠をとることによって
眠気を減少させることができます。

しかし夜の眠気覚ましの場合、少し違ってきます。

夜は仮眠は注意が必要です。

寝ることによって睡眠サイクルが変わってしまい
その後に熟睡できなくなり
次の日の調子も悪くなってしまいます。

夜の仮眠はしないほうが良いです。

夜の最適な眠気覚まし方法はお風呂に入ることです。

お風呂に入って身体を洗うなどもよいのですが、
一番良いのは熱いお湯と冷たい水を交互にかぶることです。

一年中して下さい。

そうすることによって身体の血液循環が良くなり、
末梢血管まで血液が流れて体が覚醒します。

冷たい水を使いますがこれをやったあとは
体がポカポカします。

おすすめの眠気覚まし方法

五感を使うことが大切なので
鼻を使う方法も眠気覚ましになります。

夜にアロマテラピーやハーブなど
自分の好みの匂いを嗅ぐことで脳がリフレッシュされて
眠気が減少します。

さらに根性があるならば鼻うがいをします。

鼻うがいは危険性(中耳炎や鼻の免疫力低下など)も多く言われているので
しっかりとやり方を覚えてからやるようにしてください。

しっかりやると強力な眠気覚ましになります。

鼻うがいは鼻洗浄とも言われています。

鼻の粘膜をきれいするのは花粉症対策などにも良いと
最近言われています。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ