Amazon.co.jp ウィジェット膝の黒ずみ対策、重曹パックは効果あるの? | カラダ研究所

膝の黒ずみ対策、重曹パックは効果あるの?

暑い夏は、短めのパンツやスカートで過ごしたいですよね。

でも、膝が黒ずんでいとちょっと躊躇してしまいます。

そこで今回は、気になる膝の黒ずみの原因と対策を調べました。

SPONSORED LINK

膝の黒ずみの原因は?

膝周辺の肌が、黒ずんで色がくすんでいる
若い女性は案外多い
です。

そうなると、すらりと長く伸びた脚も台無しです。

そのことに気付いていない人が結構いるのです。

膝をマジマジ見ることはあまりないと思いますが、
たまにはチェックしてみてください。

では、なぜ膝が黒ずんでしまうのでしょうか?

膝などの関節は、そもそも動かすたびに皮膚が伸縮して、
黒っぽく見えやすい部位なのです。

しかし、まっすぐのばしているときでも、
他の肌と明らかに違う色なら黒ずみだということになります。

肌は、紫外線を浴びたり刺激を受けると、
メラノサイトが刺激されてメラニン色素が多くつくられます。

これを放置し続けて積み重なると、
色素が沈着して黒ずみになってしまいます。

膝の特質も黒ずみをうむ原因になります。

膝は体の中で皮脂腺が少ない部位なので、
皮脂や汗がほとんど出ません。

そのため潤いが少なく刺激に対して弱い部位なのです。

それなのに、膝は結構酷使されています。

例えば、膝をついたり、
ぴったりしたジーンズをはいたり、
脚をくんだりと、
こすれる動作を繰り返すことで、
肌が刺激されて色素が沈着してしまう
のです。

     

気になる膝の黒ずみの対策は?パックは効果があるの?

気になる膝の黒ずみのケアとしてまず一番目にあげられるのは、
黒ずみの原因となっている
自分の「習慣」をやめること
です。

折角良い対策を講じても、
悪い癖が治らないとまた黒ずみを作ってしまいます。

原因となっている習慣とは、
必要以上に床に膝をつくこと、
入浴時にナイロンタオルで身体をこすったり、
締め付けが強いパンツをはくこと、

などがあげられます。

これらの習慣を見直すことで、かなり状態が変わってきます。

既に黒ずんでしまった膝のケアはもちろん大切です。

皮膚が硬くなればなるほど、
黒ずみがすすんでゆきます。

ですから、膝の皮膚を柔らかくするために、
湯船にゆっくり入って、スクラブで優しくマッサージをします。

このとき決してゴシゴシこすってはいけません。

皮膚への刺激になるので注意しましょう。

このようなマッサージは頻繁にやりすぎてもよくないので、
月に1~2回程度がお勧めです。

お風呂から出たら、化粧水で保湿し、
クリームやオイルで水分を補ってください。

面倒臭い、と言って膝の黒ずみを放置していると、
毛穴が目立ったり角栓ができてしまったりして
良いことはありません。

黒ずみができる癖を直したり、
ケアをすると肌のターンオーバーが正常になって、
黒ずんだ肌をどんどん落としてくれます。

難しいことではありません。

継続こそが美しい膝の復活を呼び起します。

ネット上で話題になっている重曹パックは、
毛穴の汚れや角栓がとれ、
ブツブツ・ざらざら感がなくなったと言われています。

重曹は食品に使用されるものなので、
別に害のあるものではありませんが、
日常化して使うと、
重曹は粒子が大きいので、
皮膚に過度の摩擦を生じさせ、
「慢性炎症」を引き起こすことがあります。

これは黒ずみの原因にもなるので、
やりすぎないように注意しましょう。

いくつか膝の黒ずみ対策の商品を紹介しますので、
是非、一度試してみてください。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ