Amazon.co.jp ウィジェットブルーベリーは効果ないって本当!? | カラダ研究所

ブルーベリーって実はそれほど効果はないって本当!?

ブルーベリーが目の疲れをとったり、身体に良いと聞きますが、
実はそんなに効果はない、という話しも聞きます。

そこで今回は、ブルーベリーの体への効果について調べました。

SPONSORED LINK

ブルーベリーの効果は?目に良いって本当?

ブルーベリーとは、北アメリカ原産のツツジ科の植物です。

小さい実の中にはビタミン類やミネラル、
食物繊維が豊富に含まれています。

古くから原住民は、疲労回復や病気の予防に役立てていました。

ブルーベリーが世界中に広まったきっかけは、
第二次世界大戦中に、ブルーベリーを毎日食べていたイギリスのパイロットが、
夜の出撃でも視界がはっきりするようになった、
と語ったことからブルーベリーの研究が進み始めたのです。

その結果、ブルーベリーに含まれるアントシアニンが
視力回復に効果がある

ということがわかりました。

アントシアニンは、ブルーべリーの青い色素の素成分です。

アントシアニンは、ブルーベリー以外の
食材にも含まれているので、
ブルーベリーだけが
特別目に良いと言うわけではなさそうです。

アントシアニンは、茄子・紫いもなどにも含まれるポリフェノールの一種で、
青紫の天然色素です。

ですから、ブルーベリーは目だけというより、
身体によいと解釈した方が良いようです。

アントシアニンは、植物が紫外線から実(身)を守るためにたくわえる成分で、
昔から目の働きを高める効果や眼精疲労に効果が有る
ことが知られています。

ということで、目に関しては、アントシアニンが含まれているものなら、
ブルーベリー以外でも効果が有るという事がわかりました。

そのほかのブルーベリーの効果は、
含まれているビタミン、A,C,E,や亜鉛・ミネラル、食物繊維によって、
一粒食べるだけでたくさんの栄養素を摂取できること
です。

この中で特筆すべきは、ビタミンAとEの効果です。

ビタミンAは皮膚や目を保護する力があって、
肌を健康にしてくれる美容効果
が期待できます。

また、ビタミンEは、俗に「若返りビタミン」と言われるほど、
アンチエイジング効果が期待できる、抗酸化成分
です。

紫外線から肌を守って、シミなどにも効果があるので、
肌の若返りが期待できるのです。

最近の研究では、白内障の進行を遅らせることがわかってきました。

視力回復への効果が期待されています。

ブルーベリーに含まれる食物繊維は、
他のお通じに良いとされる果物の中でNO1の量
です。

また、ブルーべリーに含まれる食物繊維は、
腸内環境を整える水溶性と、便秘解消に効く不溶性の2種類が含まれているので、
美肌やダイエットが実感できます。

ブルーベリーの摂取方法とお勧めサプリメントは?

ブルーベリーの一日の摂取量は、
食用として栽培された生のブルーベリーで摂取しようとすれば、
60g~300g必要とされています。

この量は両手からこぼれるほどの量です。

乾燥したブルーベリーだと、約12g~25gで、
ブルーベリージャムでは約40g~90g
アントシアニンの摂取量の目安だとされています。

毎日これだけの量を食べるのはちょっと現実的ではありません。

そこで頼りになるのがサプリメントです。

サプリメントには一粒あたり何mgのブルーベリーエキスが含まれているかの表記がありますが、
アントシアニンはそのエキスの3分の一~4分の一くらいしか含まれていません。

各メーカーによって摂取目安量に幅がありますが、
一般的に推奨されている一日の摂取量目安は、
アントシアニンを25%以上含むブルーベリーエキス120~250mg、
アントシアニンに換算すると、40~90mgほど摂取できる製品が良い
とされています。

それでは良いと評判のサプリメントをいくつかご紹介します。

■わかさ生活 ブルーベリー

■DHC ブルーベリーエキス

■小林製薬 ブルーベリー

現代はパソコンや携帯などで、目を酷使しがちです。

加齢とともに目への影響が心配ですよね。

転ばぬ先の杖、ということで、
ブルーベリーのサプリメントを使ってみてはいかがでしょうか。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ