Amazon.co.jp ウィジェットレジスタントスターチとは?ダイエット効果はあるの? | カラダ研究所

レジスタントスターチとは?ダイエット効果はあるの?

生活習慣病の予防に良いとされるレジスタントスターチに
ダイエット効果もあると聞きました。

そこで今回は、レジスタントスターチのダイエット効果とそのやり方について調べました。

SPONSORED LINK

レジスタントスターチとは?ダイエット効果はあるのか?

レジスタントスターチとは、消化されないまま腸までゆく、
難消化性でんぷん
のことを言います。

昔は、摂取したでんぷんは消化されると考えられていましたが、
近年の研究によって、
レジスタントスターチの存在がクローズアップされています。

このレジスタントスターチは、消化されないという事で
「食物繊維」と同じを働きがあります。

これを「食物繊維」に分類してもいいのかという議論もありますが、
その作用には重要な働きがあるので、
広い意味でそのような名称が提唱されています。

このように、レジスタントスターチはでんぷんでありながら、
食物繊維と同じ作用があり、しかも水溶性・不溶性両方の性質を備えています。

胃や小腸で消化されないのでエネルギーに成り難く、
大腸まで達して腸内細菌によって発酵され、
短鎖脂肪酸に変わります。

このことによって、ミネラルの吸収を良くして、
善玉菌が増え、便秘の改善や腸内環境を整えるのに役立ちます。

また、血中コレステロールや血糖値の上昇を抑え、
脂質代謝の改善に役立つ
との研究報告がされています。

このため、現代病ともいえる、生活習慣病の予防や改善にも役立つと期待されています。

レジスタントスターチでダイエット、
という事で冷ご飯を食べればいい、
という安易な情報がネット上に流れていますが、
痩せるために寒い季節でもご
飯を覚まして食べ続けると言うのは如何なものでしょうか。

冷ご飯を食べる事=痩せる、ではありません。

これらは脂質代謝の改善に関わる成分なのです。

直接痩せることに関わってはいないのです。

消化されにくいでんぷんは、冷ご飯のほかに、豆類、イモ類、自然薯などに含まれています。

その中でも特にでんぷんが多いのは豆類で、
煮豆にする課程で、加熱→冷却すると
更にレジスタンスターチ増える
と考えられています。

温かいご飯を食べても、他に豆やイモ類を補えば、
でんぷんの効果が期待できます。

白米を玄米にしたり、ブレンドするのもいいでしょう。

レジスタントスターチは、従来の食材の含有量は少ないので、
アミロースの比率を高めるなどして難消化性を高めた製品が開発されています。

パンやパスタ、お菓子類にも利用されています。

レジスタントスターチを有効にする方法

レジンスタントスターチは、雑穀や豆、コーンフレークやパスタなどの
でんぷん質の食品に含まれています。

また、ご飯を冷やす、ジャガイモをポテトサラダにするなど、
冷やすことでレジスタントスターチが増えると言われています。

このため、お腹の調子を整えるとか、ダイエット目的で
でんぷんが含まれる食品を冷まして食べる方法が紹介されました。

日本テレビ系の「世界一受けたい授業」です。

先ほども述べましたが、ご飯を冷ますより、
難消化性でんぷんをより多く含む食品を一緒に摂れば、
美味しくより効果的な食事ができます。

食品中に含まれるレジスタントスターチの量を、ご参考までに列記します。

食品 レジスタントスターチ含有量(乾燥重量あたり)
パスタ 1.4 %
コーンフレーク 2.8 %
インゲンマメ(水煮) 5.3 %
コーンスターチ 0.99 %
ハイアミロースコーンスターチ 43.0 %

食品 レジスタントスターチ含有量(食品100gあたり、グラム)
ライ麦パン(全粒粉) 3.2
トルティーヤ(とうもろこし) 3.0
オールブラン(ケロッグ) 0.7
コーンフレーク 3.2
グラノーラ 0.1
オーツブラン(シリアル) 1.0
ポテトチップス 3.5
バナナ(生) 4.0
パスタ(小麦、調理済) 1.1
白米(長粒種、調理済) 1.2
インゲン豆(調理済) 2.0
ポテトサラダ 1.0

まとめ

レジスタント(消化されない)スターチ(でんぷん)は、
その名の通り難消化性でんぷんまたは、
耐性でんぷんとも呼ばれています。

これらは、でんぷんでありながら、エネルギーになりにくく、
生活習慣病の予防に効果が有る
とされています。

ですから、このようなでんぷんが含まれる食品を上手に摂って、
健康な身体を作りましょう。

そうすれば自ずと、ダイエット効果が生まれるでしょう。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ