Amazon.co.jp ウィジェットオイリー肌対策。使うのは化粧水、乳液どっち? | カラダ研究所

オイリー肌対策。使うのは化粧水、乳液どっち?

肌質は年々変わってきます。

乾燥肌だった人がいきなりオイリー肌になることも。

乾燥肌は「保湿しよう!」と誰もが考えると思いますが、
オイリー肌の場合はどうすればよいのでしょう?
また、使うのは化粧水、乳液どっちが良いのでしょうか?

SPONSORED LINK

オイリー肌とは?

そもそも肌質は4つに分類できます。

「普通肌」「乾燥肌」「脂性肌(オイリー肌)」「混合肌」です。

一番自覚しやすいのがオイリー肌で、
「なんかべたべたする」「ニキビができやすい」などの
症状があらわれている人も多いのではないでしょうか。

オイリー肌は「何らかが原因で皮脂が過剰分泌されている肌」を言います。

この原因を正しく理解してケアしないと、
悪化してしまいます。

オイリー肌の原因は?

皮脂は男性ホルモンの一種である「テストステロン」や
ステロイド(副腎皮質ホルモン)の一種である
「アンドロゲン」によって制御されています。

ホルモンは様々な原因で働きが
すぐにおかしくなってしまいます。

・年齢によるもの
中高生くらいの思春期の頃に
ニキビで悩んでいた人も多いのではないでしょうか。

思春期の頃はオイリー肌になりやすい時期です。

また、30代後半~40代にかけてもオイリー肌になりやすいです。

また、加齢によって毛穴が開いて
皮脂の分泌が多くなっている場合もあります。

・乾燥肌
まったく真逆のように感じますが、
乾燥肌が原因で皮脂が過剰分泌されている場合が意外と多いです。

乾燥肌は肌の水分量が30%未満の場合を言います。

この場合、皮脂を補おうと過剰に分泌されるのです。

思い込みでケアしていくと悪化する可能性が高いので、
一度肌質チェックを受けてみるのもよい
でしょう。

・生活習慣
ストレスや睡眠不足でホルモンバランスが崩れてしまいます。

・食生活
脂っこいものばかりを食べていると、オイリー肌になりやすくなります。

特に肉類の油やバターなどは控えましょう。

・スキンケア
皮脂が過剰に分泌されているので、皮脂を取るのは間違っていないのですが、
「とりすぎる」ことは問題になります。

必要最低限の皮脂は必要です。

オイリー肌のスキンケアの方法は?

基本は洗顔、保湿を行います。

・洗顔
しっかりと泡立てて優しく洗っていきます。

皮脂を流そうとごしごし洗ってしまうと、
必要な皮脂も落としてしまい、肌を傷つける原因にもなります。

・保湿
化粧水はさっぱりタイプのものを選ぶとよいでしょう。

乳液はオイリー肌の場合は必要ないと思います。

ただ、上記にも書いた通り、
本当は乾燥肌なのに皮脂が過剰分泌されているときには乳液も必要です。

こちらもさっぱりタイプを使いましょう。

いくつか、さっぱりタイプの化粧水を紹介しますので、
一度、ご自分の肌に合うか試してみると良いと思います。

 

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ