Amazon.co.jp ウィジェット花粉症の薬の強さってどうなの?副作用は? | カラダ研究所

花粉症の薬の強さってどうなの?副作用は?

毎年花粉の季節が来ると
その辛い症状に悩まされている人がたくさんいます。

仕事中なのに花粉症の症状がひどくなって
仕事に集中ができない…。

だけど薬を使って症状を抑えても
副作用で眠くなったりしたら結局仕事に支障がでてしまう…。

なんて悩みを抱えている人も多いと思います。

というわけで花粉症の薬の種類やその強さ、副作用などについて
紹介したいと思います。

SPONSORED LINK

花粉症の薬の種類とは

花粉症の薬の種類としては

・水とともに飲む内服薬
・鼻に吹きかける点鼻薬
・目薬のような点眼薬

などがあります。

それぞれ継続時間や効果が出始めるまでの時間は
違うにせよ症状を和らげることはできます。

人によっては点眼薬タイプが抜群に効果が出る場合があるそうです。

副作用は心配ないの?

花粉症の薬を服用することによって起こる副作用は様々で、

・口が渇く
・眠気を引き起こす
・めまい
・吐き気

などいくつかの諸症状があります。

いくつか症状は紹介しましたが
主にみられる副作用は眠気です。

薬によって強さは違うの?

花粉症の薬にはヒスタミンというものが主に使われています。

基本的にはこのヒスタミンという成分が強ければ強いほど
症状を和らげますが
その分引き起こされる眠気も強くなります。

ですが最近は効果はそのままで
眠くならない薬も出ている
ので
それを服用するのがいいかと思います。

では市販の薬でオススメなのは?

嵐の大野君がCMしていることで有名なアレグラFX。

20141130_01

内服タイプの薬で副作用が少なく
食前に服用しても効果が期待できるのでオススメ
です。
アレグラは眠気を引き起こさないことが実験で証明されているそうです。

そのため説明書の副作用の欄にも記載されていません。

もう一つはストナリニZ

20141130_02

持続性が長く1日1回の服用で済みます。

副作用として眠気がありますが、
就寝前に服用しておけば翌日まで効果は継続しますし
仕事中に眠気が襲ってくることもありません。

効果や副作用の度合いは人によって個人差がありますが、
花粉症持ちの人々からの人気も高いので
試してみてはいかがでしょうか。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ