Amazon.co.jp ウィジェット虫刺されにより腫れて熱を持ったときに まずやりたいこと! | カラダ研究所

虫刺されにより腫れて熱を持ったときに まずやりたいこと!

知らない虫に刺されて腫れてさらに熱を持ったことがありませんか?

思った以上に焦ります。。。

蚊などなら慣れていることもありそれほど焦らないと思いますが、
蚊だか分からない虫などに刺されて腫れてくると不安が大きくなります。

熱を持つと、痛みも伴うことが多いので、より一層心配になると思います。

そのようなときに、まず最初にやりたい対処法をしっていると安心感にもつながります。

SPONSORED LINK

虫刺されによる痒みがでるとき

蚊などに刺されてかゆくなる経験は誰にでもあると思います。

しかし蚊だと思っていたら実は違うことがけっこうあります。

蚊の種類はどれくらいいるか知っていますか?

今刺された虫が蚊だと断定できるでしょうか?

痒みは多くの虫に刺されてでてきます。

その時に一番大事なことはまずぜったいに掻かないことです。

掻いてしまうとさらに痒くなるだけではなく悪化することもあります。

掻いてしまうと傷が残ったり、シコリが残ったりしますので
痒いのですがまずなるべく掻かないようにして下さい。

さらに掻くことによって小さな傷ができ、
そこから雑菌などが入り炎症などを起こして悪化させてしまうことが多くあります。

炎症などを起こすと腫れて熱も持つこともあるので掻かないようにします。

虫刺されにより腫れて熱を持った時は

虫刺されにより腫れてさらに熱を持ったときは
まず冷やします。

痒みもあることが多いのですが
掻くことによりさらに熱を持つので
まず冷やすことが大事になります。

熱を持っていることは炎症が起きている、と思って良いと思います。

炎症があるときは痛みをもつことも多いので注意が必要です。

あまりにも痛みなどが酷いときには病院に行くようにして下さい。

早めに病院に行くことにより早く楽で治ることが多くなります。

虫刺されなどで腫れて熱をもつときは氷などでまず冷やして様子を見てください。

気持ち良い感じがしたり、腫れが引くようでしたら
もう少しそのまま様子を見ても良いと思われます。

そして落ち着いたら、腫れているので圧迫しておいたほうがよいです。

包帯でもサポーターでもよいので虫に刺され腫れているところを圧迫します。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ