Amazon.co.jp ウィジェットピーナッツアレルギーの対処方法を油断しないで! | カラダ研究所

ピーナッツアレルギーの対処方法を油断しないで!

ピーナッツアレルギーはピーナッツを食べたり触ったり、
匂いを嗅いだりしても症状がでます。

最悪の場合、対処によっては命にかかわることもあるので
油断しないようにします。

ピーナッツというと一般的な誰もが食べているイメージがある食べ物ですし、
安全と思いがちですが身体に反応が出る人には危険です。

また誰でもピーナッツアレルギーになる可能性があります。

花粉症もそうですね。

同じ空気の中にいてもくしゃみなどが多く出る人と
全くでない人がいるのと同じです。

ピーナッツアレルギーなどもどこで遭遇するかわからないので
対処の方法を知っておくことは大切
になります。

SPONSORED LINK

ピーナッツアレルギーってどんな感じでしょうか?

ピーナッツを含んでいる食べ物に触れることによって
身体に反応が表れます。

医療機関などでアレルゲンの検査などしてわかります。

もしアレルゲンをもっていてピーナッツ類に触れると、
蕁麻疹がでたり、赤く反応したり、
腫れたり、痒くなったり
と、いろいろな反応がでます。

そして最悪時はショック症状がでて、
対処によっては死ぬときもあります。

とくにピーナッツ類の反応は強く出やすいとのことなので
注意したほうが良いでしょう。

さらに今は大丈夫でも大人などになって
途中から発症することもあります。

やはり身体の抵抗力などが落ちてきてからも
出やすくなるので年齢を重ねても注意がいります。

昔は大丈夫だったは通用しません。

アレルゲンとしてピーナッツそのものだけではなく、
ピーナッツを含んだ食物も同じです。

お菓子などスナック菓子にもピーナッツが入っているものがあります。

ピーナッツオイルを使用したものも同じです。

サラダやサンドイッチ、カレーのルーに入っているときがあるので
注意して下さい。

さらにピーナッツそのものだけではなく、
ナッツ類も反応がでることがあるので注意してください。

カシューナッツ、ヘーゼルナッツ、ブラジルナッツ、
マカデミアナッツなども反応がでることがあります。

もしこのような食物をとって今までとは違う
身体の変化を感じたら注意してみるのが良いでしょう。

ピーナッツアレルギーへの対処はどのようなことが良い?

ではもしピーナッツアレルギーの症状を感じたら、
どのように対処することが良いのでしょうか?

まずピーナッツを取り除くことが先決になります。

口の中に入っていたら吐き出します。

吐けそうだったら吐いて胃の中からもだします。

そして喉に反応がでて腫れて気道がふさがる事があります。

呼吸ができなくなるのです。

そのようなときは横になって少しでも楽な姿勢にして
服装も緩めて救急車を呼びます。

人工呼吸が必要なときもあります。

ピーナッツアレルギーへの対処は
迅速なスピードが大切になります。

慌てずに落ち着いて行いましょう。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ