Amazon.co.jp ウィジェット青竹踏みの効果は?ダイエットにも良いの? | カラダ研究所

青竹踏みの効果は?ダイエットにも良いの?

お金をかけないでダイエットができる、と話題の
青竹踏みについて色々調べてみようと思います。

ダイエットの他にどのような効果が有るのかも調べて、
実践してみたいと思います。

SPONSORED LINK

青竹踏みとは?

竹を40~50cm位に切って、更に半分に割り乾燥させたものを用意します。

割った側を床に安定するように置いて、
竹に両足が垂直になるように乗ります。

そうすると、足の土踏まずが竹の円筒部分に乗ることになります。

その場でゆっくり足踏みをします。

このことによって、足の裏の筋肉に刺激を与え、
普段圧力がかからないで血流が滞りがちな、
土踏まずに圧力をかけることで血流を改善します。

その結果、脚全体の血流まで良くなると言う効果を狙った健康方法として、
日本中で多くの人がこれを行っています。

以前は上記のように、竹を自分で作って行っていましたが、
今は近くに竹がない人の方が多いので、
雑貨店等で、合成樹脂・プラスチック製などの商品が販売されています。

これらは安価で販売されているので、誰でも容易に手に入ります。

お金をかけないでできる健康方法なので、老若男女が実践しています。

     

青竹踏みの7つの効果は?

日本に古くから伝わる健康法の「青竹踏み」を、
年寄っぽいとバカにしてはいけません。

不妊の治療に使われたりしている青竹踏みが、
長い年月愛され続けているのにはそれなりの理由があるからです。

青竹踏みの効果で主な7つを見てゆきましょう。

1. 足の血行が良くなる
足は心臓からもっとも遠く、常に重力の影響を受けています。

そのため血行が悪くなったり、老廃物が溜まってしまいます。

この老廃物がコリやしこりの原因であり、痛みの正体なのです。

元気で活動するためには、酸素と栄養が欠かせません。

しかし、血行が悪ければ必要な場所にそれらを届けることができません。

老廃物を流すことで、身体は本来の機能を取り戻して活力が漲るのです。

2. むくみがとれる
むくみの原因は、血管やリンパ管に溜まっている水分や
老廃物によって引き起こされます。

血行を良くして老廃物を流すだけで、
すっきりとした足を取り戻すことができます。

3. 足の疲れが解消する
血流がよくなると、血液と共に疲労回復に必要な
酸素と栄養がたっぷり運ばれてきます。

足を動かさないでいるときより、
マッサージをしたときの方が疲労回復効果が高いのはこのためです。

4. 冷え症が改善される
末端にある足は、外気の影響を受けやすく血液の温度が下がります。

その冷たい血液が滞っていると冷え症になります。

青竹踏みで血行を良くすると、血液が冷える前に
新しい温かな血液が送られてくるようになるので、
血液の温度が全体的に上がり、全身がポカポカ温かくなります。

5. 足つぼを刺激して体質改善
足つぼマッサージが健康に良いというのは知っていますよね。

青竹踏みは、マッサージをするように足のツボを刺激してくれます。

自分でツボを押しても力が弱くて効果が得られなかった人も、
自分の体重をかけることで充分な刺激を受けることができます。

6. ダイエット効果に期待
ダイエットと言うと、体重や脂肪を減らすことに注目しがちですが、
「痩せやすく、太りにくい身体があってこそ」適う事です。

何度もダイエットに挑戦して、リバウンドを繰り返している人は、
内臓にダメージが溜まっているのかもしれません。

青竹踏みで、消化器系のつぼを刺激することで、
衰えた内臓が元気になって、お通じも改善されます。

内臓のダメージを取り除いてから、ダイエットをすれば、
スムーズに自分の思い描いた方向へ進むことができる
でしょう。

また、竹の子も便秘にお勧めです。

7. 不妊の現場でも青竹踏み
身体中のつぼが集まっているのが足の裏です。

ホルモンや子宮のつぼを刺激することで、
良い影響を与えることができます。

中でも子宮膜への効果が高いので、
毎日一時間続けていたら改善されたと言います。

不妊の原因として、骨盤内の血流が悪く
臓器が冷え切っていることが挙げられます。

青竹踏みの血流改善効果は、骨盤内の血流も良くしてくれます。

青竹踏みの良いところを見てきました。

青竹を踏んでいるだけでも気持ちがいいですが、
2つのポイントを抑えるとより一層の効果が期待できます。

1: 水を1日1リットル飲みながらやる。

2: 痛かったら無理をしない。

痛いから利いている、と思っていたら、足の裏に炎症を起こしていた、
などという事がありますので、やりすぎには注意してください。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ