Amazon.co.jp ウィジェットアボカドオイルの効能は? | カラダ研究所

アボカドオイルの効能は?

アボガドオイル、あまり聞かない名前ですが、
最近ココナッツオイルよりハイクオリティーなオイルだと評判です。

そこで、アボガドオイルの効能とその使い方について調べました。

SPONSORED LINK

アボガドオイルの効能は?

アボガドオイルとは、アボガドの果実から採った脂肪油のことです。

このオイルは、皮と種を取り除いて果肉だけで搾るので、
淡黄色で、わずかにアボガドの香りがします。

成分は、コレステロール“0”、トランス脂肪酸0.1%以下で、優れたオイルだと言えます。

別名「森のバター」と称されるほど栄養価の高いアボガドオイルは、
一本のオイル(300ml)にはアボガドフルーツが20個詰まっています。

更に、アボガドオイルは抗酸化脂、難酸化油ともいわれ、
油脂の中で最もアレルギーの少ないオイルです。

また、ビタミンA・B群、E、たんぱく質、レシチン、
ミネラル、ペクチンなどの栄養が豊富に含まれています。

そんなアボガドオイルの効能にはどのようなものがあるのでしょうか?

◆スキンケア◆
肌を穏やかに整え、敏感肌や傷ついた肌、火傷、日焼けで消耗した肌、
夜更かし、栄養不足で疲れた肌に再生効果があります。

塗ってもさらっとしているので、他のオイルとブレンドして使うことができます。

◆石鹸に◆
不鹸物を豊富に含んでいるので、石鹸つくりに適したオイルです。

米国では、ベビー用として重宝されれ、敏感肌用の石鹸として使われています。
            

◆顔のマッサージに◆
アボガドオイルは高い浸透性を持っているので、顔のマッサージにお勧めです。

独特の香りが気になる方は、他のオイルと混ぜると使いやすくなります。

手作りの美容液やクリームクリームに混ぜて使用するのもいいでしょう。

◆アボガドオイルを飲む◆
アボガドオイルは、果肉を絞った高純度で無添加の天然オイルです。

一日に大さじ一杯飲むだけで、動脈硬化の要望や血行促進、
美肌効果、デトックス効果を期待することができます。

アボガドオイルの使い方は?

密かに飲む美容液と言われているのがアボガドオイルです。

抗酸化が期待できるビタミンEはオリーブオイルの2.5倍も多く含まれています。

毎日サプリメント代わりに飲むのがお勧めです。

毎朝の習慣として、スプーンで直接口に含みます。

量は一日大さじ一杯です。

アボガドオイルは食用にも使えるのがポイントです。

燃焼温度が255度と高く、熱に強いのが特徴です。

高温調理に使っても酸化しないので、加熱料理にオイルを使う場合は、
アボガドオイルを使うのがお勧めです。

パンや野菜類につけてもOKです。

抗酸化力だけでなく、保湿力にも優れているのがアボガドオイルです。

クレンジングに使ったり、トリートメントとして毛先に塗って効果を味わってください。

使用感がさらさらしているので、ボディーオイルやマッサージオイルとして使用すると、
もちもちした肌を保つことができます。

いかがでしたか?

使い勝手が良く、高い効果のあるのがアボガドオイルです。

最後にオススメのアボカドオイルを紹介します。
是非お試しください!

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ