Amazon.co.jp ウィジェット抗菌と除菌の違いは? | カラダ研究所

抗菌と除菌の違いは?

巷には「除菌ができる!」とか「抗菌作用」とか書いてある商品が当たり前になってきました。

みなさんは抗菌と除菌の違い、しっかりと理解できていますか?

SPONSORED LINK

抗菌とは?

文字通り「菌に対抗する」ことを指します。

細菌の発生や成長、増殖を抑制するのです。

つまり、抗菌とは菌がつきにくい、という意味です。

ボールペンなどの身近な文房具から、キッチン用品やトイレ、浴槽といった水回り、
靴下や下着などの衣類にも抗菌加工がされたものがあります。

また、柔軟剤にも「抗菌仕上げ」を謳っているものもあります。

経済産業省の定義では、抗菌は「細菌のみ」となっています。

ですので、抗菌作用されていたとしてもカビや黒ずみなどは防げないものもあります。

抗菌作用、という言葉が広がった際「掃除しなくてもよい」という誤解が生じたこともあるようですが、
細菌がつきにくくなるだけですので、掃除はしっかりと行いましょう。

除菌とは?

これは増殖する菌の数を減らすことを意味します。

除菌と表示されている商品は、ウエットティッシュや洗剤、漂白剤などの家庭用洗剤などです。

除菌は菌を洗い流す、拭きとる、と考えるとイメージしやすいと思います。

その他、菌に関する用語について

他にも殺菌や滅菌、消毒などがあります。

・殺菌
有害な菌や細菌、ウイルスなどを死滅させることを言います。

この表現は、消毒薬などの「医薬品」、
薬用せっけんなどの「医薬部外品」に用いられることが薬事法で決まっています。

洗剤や漂白剤などの雑貨品には使えない言葉です。

・滅菌
殺菌よりさらに徹底しており、全ての菌を死滅させることをいいます。

実験器具や医療器具などに使う言葉です。

・消毒
有害な微生物を死滅、除去して問題がない程度まで減らすこと、
または毒性を無効化することを言います。

殺菌同様、薬事法で表示できるものが決まっているため、雑貨品には使うことができません。

食器や布巾などを漂白剤につけて消毒、ということを行うことはあると思います。

雑貨品に消毒・殺菌効果があっても、表示できないのですが、効果がないというわけでありません。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ