Amazon.co.jp ウィジェットフケを防止する方法ってある? | カラダ研究所

フケを防止する方法ってある?

毎日シャンプーをしているのに頭がかゆくなる
こういった経験をお持ちの方は多いと思います。

かゆくてたまらず頭をかくとフケがでて悩む人も多いです。

そこで、なぜフケが出るのか、またその防止方法はあるのか、
などについて調べてみました。

SPONSORED LINK

フケとは?その原因は何?

頭がかゆくなってかくと、頭垢(フケ)が出て髪や肩におちて、
見る人に不潔感を与えてしまいます。

先ずフケとは何かを知って、それができる原因を突き止めたいと思います。

フケとは頭の皮膚から発生する、白いうろこ状の老廃物です。

つまり、頭皮に生じた垢なのです。

新陳代謝によって、頭皮に存在する角質細胞がはがれることによって発生するため、
フケが出ること自体は病気ではありません。

フケは大きく分けると、脂性フケと乾生フケの二つに分類されます。

この二つのフケの対処方法が異なるので注意が必要です。

※脂性フケ
皮膚は常に皮脂を分泌しています。

これが様々な外的影響で分泌が多くなった状態を脂漏と言います。

このような状態で。角質層が剥がれ落ちフケとなります。

時には脂漏性皮膚炎を引き起こすことがあります。

※乾性フケ
頭皮の脂が少なく、肌が乾燥することで頭皮がダメージを受けフケが生じます。

アトピーの症状を持った人のフケはこちらに分類されます。

ここからはフケの原因についてみてゆきましょう。

通常、人間は頭皮に限らず皮膚の部分は、
一定の期間が経過すると皮膚が生まれ変わるターンオーバー機能が備わっています。

このこと自体はおかしなことではありません。

ここで問題になるのは剥がれ落ちてゆく角質細胞の大きさです。

正常なターンオーバーができている場合は肉眼で見ることができないほど小さなものです。

しかし、フケとして目に見えるほど大きな角質細胞が剥がれ落ちている場合は、
正常なターンオーバーができていません。

フケがでたら要注意です。

そこから別のトラブルが発生する可能性があるからです。

では何故、頭皮は正常なターンオーバーができなくなるのでしょうか。

それには様々な原因が考えられます。

頭皮の乾燥、過度なブラッシングや爪を立てての洗髪等で頭皮が傷ついていることも考えられます。

また、肌に合わないシャンプーやパーマ液で炎症を起こしているのかもしれません。

外的要因の他に内的要因が関係している場合もあります。

睡眠不足・ストレス・疲労なども、皮膚のターンオーバーが乱れる原因になります。

食生活の乱れで起こる可能性もあります。

どうしてもフケが出てしまう人の中には、「フケの出る体質だ」と諦めている方も多いようですが、
日常生活を見直すことで体質が改善されることも多々あります。

フケの防止方法は?

フケが出てかゆみが酷い場合は、
自分であれこれする前に皮膚科を受診することをおすすめします。

場合によっては感染症にかかっている可能性もありますし、
薬でしか治らない症状の場合もあるので、自己判断は危険です。

かゆみとフケが出たからといって、爪をたてて洗髪したり、
ブラシや尖ったものでかくと頭皮を余計傷つけてしまうことも考えられます。

このような場合は、指の腹を使って頭皮をマッサージします。

痒みが和らぎ、新陳代謝を促進させてくれます。

新陳代謝が活発になれば、頭皮のターンオーバーが正常になって、
健康な頭皮に生まれ変わることができます。

まず毎日の洗髪を見直してみましょう。

フケが出るからと言ってシャンプーをしすぎると、
頭皮の皮脂を奪って症状を悪化させることになります。

元来、洗髪はお湯だけで一日一回、シャンプーを使っての洗髪は2日に一回でも充分です。

適度なシャンプーを心掛けているのにフケが出る、
という人はシャンプーを見直してみましょう。

一般的な高級アルコール系シャンプーを使っている場合は、
アミノ酸系のシャンプーに変えてみるのも一つの手
です。

パーマやカラー剤は刺激が強いのでたまに髪を休めることをお勧めします。

ヘアスプレー、トリートメントなどのヘアケアも知らないうちに頭皮に刺激を与えています。

フケがでたら、それらをすべてやめて様子を見てください。

なにもしない、というのも大切なヘアケアです。

ヘアケア剤を使わないとフケが一気におさまるかもしれません。

それでも改善されない場合は、内的要因を疑って、
ご自分の生活面を見直してみましょう。

最後にフケ・かゆみ対策にお勧めのシャンプーをいくつか紹介しますので、
これを使って症状が改善するか、様子をみてみるのも良いと思います。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ