Amazon.co.jp ウィジェット日焼けあとが治らない。。。ケアの方法は? | カラダ研究所

日焼けあとが治らない。。。ケアの方法は?

夏や日差しの強い日は紫外線が気になりますよね。

男性はあまり気にしない人もいるでしょうが、
女性は日焼けしないように工夫するのが大変なはず。

「ちゃんと予防したのに日焼けしてしまった」なんて人もいると思います。

そんな人の為に、今回は
日焼けあとは治らないのか、
日焼けあとはどのようにケアをすれば良いか、について調べました。

SPONSORED LINK

日焼けあとのケアとは?

日焼けとは簡単に言ってしまえば
「軽い火傷」のようなものです。

そのためケアも火傷と同じように冷やすことが大切です。

冷やすと言っても、
ちゃんと化粧や日焼け止めクリームを落としてからにしてください。

落とすときはなるべく洗剤などを使わず、
力を入れないで水だけで落とすようにした方がいいです。

この一連の下準備が終わってから冷やす作業が始まります。

水のシャワーを浴びてもいいですし、
ビニール袋に氷水を入れて冷やすのもアリです。

氷水などで冷やす場合は、
タオルなどを巻いて地肌に当てないように注意してください。

氷水を長時間当て続けると
凍傷になる恐れがあります。

もう1つ重要なのが栄養補給です。

日焼け後はビタミン類を多く摂取するようにしてください。

ビタミン類にはシミを防止したり、ダメージの回復を促進したりするので、
日焼けあとを治すためにも、肌のケアには重要な栄養分です。

日焼けあとに化粧水はいいの?

日焼けあとを
化粧水や保湿クリームでケアするのは大切です。

ただ先にやるべきは冷やすことなので、
それが終わった後にケアしましょう。

日焼けあとの肌は傷付いて痛んでいるので、
化粧水で水分補給をしてクリームで保湿しましょう。

日焼けの度合いによっては化粧水でも痛く感じることがあります。

そのときは成分がシンプルな、敏感肌用の化粧水などを使いましょう。

日焼けあとの皮はどうすればいいの?

恐らく一番悩むのが「皮」だと思います。

見ていて痛々しいし、本人も
剥くのが正解なのか間違いなのか分からないはずです。

日焼けをすると皮が自然と剥けてくる場合がありますが、
「自然に剥けた」のであれば剥いてしまってかまいません。

自然に剥けた皮は、乾燥によって細胞が死んでしまった状態なので剥くべきです。

そうでない部分は自分で剥いてはいけません。

自然に剥けた皮の下には、
もうすでに新しい皮ができているので問題ありませんが、
そうでない部分は新しい皮が未完成なので
肌トラブルの原因になります。

皮が剥けた後の肌にも同じように
化粧水などでケアをする必要があります。

最後に日焼けあとのケアにおすすめの商品を紹介しますので、
想定外に日焼けしてしまった方は、試してみると良いと思います。

・TrueLism 日焼け後 アフターケアボディークリーム (140ml)


日焼けの後の、シミなどの原因になるとも言われる乾燥から肌を守り、
保湿してくれる美容成分がたっぷり入ったボディークリームです。
日焼けだけでなく肌をしっかりケアしたい方にもオススメで、
お風呂上りや就寝前にも使えます。

・エーザイ 薬用ベラリス 128g


濃縮還元アロエベラ(保湿成分)99%配合、弱酸性で
無香料・無着色のナチュラルな薬用化粧水です。
日焼けあと、肌の乾燥が気になるときに、
顔や全身に使用できます。

・アウェイク アロマハイドロミスト <100ml>

キメ細かな霧が肌をふんわりやさしく包み込むミストローションです。
植物由来のリンデンウォーターと3種のオーガニックエキス(保湿)が
肌のすみずみまでうるおいで満たし、
心地よい香りとともにみずみずしさを保ちます。
顔にも全身にも使えます。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ