Amazon.co.jp ウィジェット口臭の原因にドライマウスが心配。。。どうすれば良い? | カラダ研究所

口臭の原因にドライマウスが心配。。。

ドライマウスの人が増えています。

口臭が気になる人にドライマウスが原因になっているときがあります。

口臭の原因もいろいろありますが、ドライマウスについても知っておいて損はありません。

そこで口臭とドライマウスについて調べてみました。

SPONSORED LINK

口臭の原因は?

口臭の原因はいろいろあります。

一般的に言われていることでは、口の中の気体が臭くなります。

口の中には多くの細菌などが生息しています。

これらの嫌気性細菌が唾液、細胞、血液、食べカスなどを分解して
タンパク質から硫化水素やメチルメルカプタンと呼ばれる
臭いの元となる揮発性硫黄化合物を作りだして口臭となります。

ドライマウスなどにより口の中が乾燥して唾液が減り
細菌が増えることによっても口臭の原因になります。

最近はこういったドライマウスなど
口内の疾患によっての口臭が増えているようです。

ドライマウスとは?

ドライマウスは口腔乾燥症と呼ばれています。

口の中がなんらかの原因により乾燥してしまうことをドライマウスと言います。

そして乾燥するだけではなく
舌が痛くなったり、
食事の味が分からなくなったり、
食事が食べずらくなったり
します。(とくに乾燥したものなど)。

では口腔内が乾燥する原因はなんでしょうか?

ドライマウスの原因は?

ドライマウスの原因は多くあります。

まず脱水状態からのドライマウスが多いです。

脱水状態の原因として糖尿病、腎臓の疾患、薬などの副作用、
口呼吸
などがあります。

糖尿病などは尿がたくさん出ることで脱水になります。

腎臓が悪くなると最終的には人工透析の可能性が高くなります。

人工透析をすると身体の余分な水分がなくなります。
よってドライマウスになる可能性も大きくなります。

薬にも利尿剤など多く使われています。

体内の水分が減ることにより脱水状態が大きくなりドライマウスの原因になります。

口呼吸は自分では分からないことがありますが
睡眠中などにいびきをかくことによって
口内が異常に乾燥することがあります。

唾液が減ることによりドライマウスになりやすくなります。

このようにドライマウスの原因はたくさんあります。

そしてドライマウスが口臭の原因になることが多くあるので
口臭が心配な人はドライマウスに気をつけなければなりませんね。

ただ、ドライマウス対策として、
根本の原因である、口呼吸や糖尿病、腎臓の疾患は、
もちろん対策をしていかなければいけませんが、
すぐに対策できるものではありません。

そこで、対処療法ではありますが、
ドライマウス対策商品を使いながら、
根本の原因の治療を行うことがオススメです。

ドライマウス対策のオススメ商品をいくつか紹介します。

・ウエルテック コンクール マウスジェル

お口の潤いを簡単にケアしてくるジェルです。

・バイオティーン 口内保湿ジェル

口腔乾燥のケアに最適の天然酵素配合のジェルです。
歯科医もオススメの商品です。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ