Amazon.co.jp ウィジェットドライマウスの対策は? | カラダ研究所

ドライマウスの対策は?

ドライマウスを心配している人が増えています。

昔はドライマウスは50歳から70歳代の女性に多く見られる症状でしたが、
最近は30歳から40歳代の若い方がドライマウスになる人が増えています。

男性の方も増えています。

ドライマウスにも最適な対策はあります。

効果的な対策をしっかりしていきたいですね。

SPONSORED LINK

ドライマウスとは?

ドライマウスについて軽く考えない人も多いと思いますが、
ドライマウスはときには命にも関わるほど重要な症状です。

その症状は口の中が想像以上に乾き、
唾液量が極端に少ない状態になります。

食事もしっかりできなくなりますし、
食べた物が喉に詰まって呼吸ができなくなるときもあります。

乾燥した口の中では細菌が増えやすくなります。

よっていろいろな感染症になりやすくなります。

ドライマウスの効果的な対策は?

誰でもできる簡単な対策はまず、
お酒やタバコをのむ方はなるべく少なくするか止めるようにします。

食べものも大きく関係するので
クッキーやクラッカーなどパサパサとした
極端に乾燥している物などはなるべく食べないようにします。

さらに炭酸やカフェインの含まれる飲み物なども
取りすぎないようにします。

あとは、硬い物をなるべく食べた方が良いです。

噛むことがとても大切になります。

噛むことで唾液がでやすくなるので
よく噛むためにもなるべく食べものは固めの物をオススメします。

こまめにガムなどを噛むことでもドライマウスの効果的な対策になります。

ガムを噛むことで唾液も分泌されて、
さらにキシリトールなどは虫歯の予防になるので良いです。

ドライマウスによりつねに口の中が乾燥することで
虫歯にとてもなりやすくなります。

キシリトールのガムを噛むことで唾液の量が増えて
ドライマウス対策になるだけでなく
虫歯の予防になるところが嬉しいですね。

さらに唾液腺マッサージも効果的なドライマウス対策になります。

唾液腺とは唾液をだす場所です。

人間には大きな唾液腺が3つあります。

その唾液腺を刺激することで多くの唾液をだす力になります。

1つ目は、耳たぶのしたに耳下腺(じかせん)というところがあります。

頬骨の突き出たところですぐに分かると思いますが
その突き出たところのすぐ内側に耳下腺があります。
スクリーンショット 2015-08-29 11.33.04
出所:http://nov-cure.com/health/

そこを両手の人差し指と中指の2本で両方から軽くマッサージします。

2つ目は顎下腺(がっかせん)です。

顎下腺は、左右の下顎の骨の外側に3本の指を添え、
親指の骨を内側のくぼみにあてて、
親指を顎先に動かしながら1分間もみほぐします。

3つ目は舌下腺(ぜっかせん)です。

舌下腺は人さし指を横にして下唇の下にあて、
親指を顎下のくぼんだ部分にあて、
親指を押すように動かしてください。

この唾液腺マッサージをすることで唾液が出やすくなり、
ドライマウスの大きな対策の一つになります。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ