Amazon.co.jp ウィジェットわきがの原因とは? わきがってうつるもの? | カラダ研究所

わきがの原因とは? わきがってうつるもの?

私の家族の中に、腋臭(わきが)が強い人がいます。

それは洗濯をしても、臭いが消えないほど強烈です。

そもそもわきがとはなんでしょうか?

男女で見た場合、どちらが多いのでしょうか?

家族のわきがの臭いが私の服に移らないかも心配です。。。

そこで今回は、わきがの原因はなんなのか、わきがはうつるものなのか、
などについて調べました。

SPONSORED LINK

腋臭(わきが)ってなんでしょう、その原因は?男女の比率は?

わきがは、身体の脇の下に集中して存在する、
「アポクリン汗腺」からの汗が原因でおきます。

アポクリン汗腺から出る汗は、乳白色をしていて、
資質やたんぱく質を多く含んでいます。

このアポクリン汗腺から出る汗を、
脇の皮膚や腋毛に住んでいる細菌が分解することによって
ワキガが発生
するのです

他の汗、すなわち、エクリン汗腺から出る汗は、
ほとんどが水分なのでそれ自体は臭いの原因にはなりません。

汗臭い、と言う状態は、汗と一緒に流れる古い角質や皮脂が、
細菌によって分解されことから起きます。

わきがの臭いはそれらとは違います。

先ほど述べましたが、アポクリン汗腺から出る汗には、
脂質やたんぱく質が多く含まれています。

それが分解されると、あの独特な臭いがします。

そこが、わきがと汗の臭いの違いです。

更に、二つの汗には大きな違いがあります。

汗は誰でもかきますが、わきがは生まれつき 
臭う人と臭わない人に別れています。

エクリン汗腺は、全ての人が全身に持っている汗腺です。

アポクリン汗腺は、遺伝によって生まれつき数が決まっています。

両親ともにアポクリン汗腺を持っていないと、
子供にアポクリン汗腺ができることはありません。

日本人のわきがの割合は10%と言われています。

ワキガの治療患者の比率によると、
4対6で女性のほうが多いようです。

しかし、この数字は、女性の方が臭いに敏感だ、
という気持ちも含まれていると考えられます。

このことを理論的に考えると、
女性の方がアポクリン汗腺の分布が多いことと、
女性ホルモンの影響で、アポクリン汗腺が活発に活動するから
女性の方がわきがの人が多いとも言えます。

更に言うなら、女性は皮下脂肪が多く、
汗をかきやすいので、臭いを拡散させるのもその一因です。

女性は甘いものを好んで食べます。

乳製品は汗腺類の働きを活発にするので、
わきがの臭いが強くなるのです。

わきがはうつりますか?その対策は?

結論からいうと、
ワキガはうつりません。

「不潔にしているとわきがになる。」などと言う話も聞かれますが、
それは全くの誤解
です。

アポクリン汗腺が無い人はわきがにはなりません。

近くにわきがの人がいると、
なんだか自分も臭うような感覚に陥りますが、
それは、強い臭いを嗅いでいたことによる、
一時的な感覚の問題です。

わきがの人から服を借りた場合、
ずっと臭いが気になったりしますが、
お風呂やシャワーで身体を洗うと元通りになります。

ワキガは病気ではなく、生まれつきの体質です。

うつることはありませんが、遺伝はします。

しかし、わきがの方は体質だから、遺伝だから、
と諦めないでください。

日本では、わきがの治療に保険が適用されます。

また病院で治療してもらうのは恥ずかしいという方にも
自分で対策できる、わきが用クリーム等もありますので、
試してみみると良いですよ。

おすすめの商品をいくつか紹介します。

・デオプラスラボ


わきが臭・体臭・足のニオイ トリプルブロックします。
天然由来成分で97%のニオイをカット。
有効成分の「イソプロピルメチルフェノール」が
わきが・汗臭の原因菌を予防してくれます。

・脇専用美容液 「リキュア」


今年(2015年)の7月上旬に誕生したばかりの
化粧品のノウハウを注入し、
ニオイを徹底的におさえる化粧ジェルです。

おわりに

白人や黒人はほとんどワキガです。

ですから、わきが持ちの人もそうでない人も
正しい知識を持って、臭いがするからと、
偏見を持たないようにしましょう。

また、わきがの人はできることから対策してみましょう。

対策クリームを使うと、
えっと思うほど劇的にニオイがしなくなるのを
実感できることも多いですよ。

そうすると、今までわきがで悩んでいたのが、
なんだったんだろう。。。って思いますし、
わきがの悩みから解放されて、
日々の生活が楽しくなります。

すぐに行動してみましょう!!

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ