Amazon.co.jp ウィジェットお腹の脂肪をとる薬ってどう?おすすめの薬は? | カラダ研究所

お腹の脂肪をとる薬ってどう?おすすめの薬は?

油断をしていたら、お腹周りが”ぷにぷに”してきました。

このままでは本当の肥満になってしまいそうで心配です。

そろそろ真剣に脂肪をとることを考えたいです。

そこで、どのような方法が一番いいかのか、
お腹の脂肪をとる薬は効果があるのか、調べました。

SPONSORED LINK

お腹の脂肪を取る最善の方法は?

ついてしまった、お腹周りの脂肪を落とすのは中々大変です。

だからと言って、ああ、脂肪をとるのは不可能か。。。
と嘆く必要はありません。

正しい運動と食生活を守りながら、脂肪を減らす方法を実践しましょう。

お腹の脂肪を減らすための第一歩は、
部分的にやせるのは不可能だ、と知ること
です。

だから、お腹の脂肪を減らそうと思うなら、
全身の脂肪を減らすことが必要です。先ずこれが基本です。

まずは良質のたんぱく質を摂取しましょう。

お腹の脂肪を減らすことを考えつつ、必要な筋肉量を増やすのです。

お肉の場合、ささみなどの脂肪が少ない食材を選んで、
手料理したものを食べます。

そして、当然のことですが、たくさんの野菜と果物を食べましょう。

さて、次は脂肪を落とすための方法についてです。

腹筋運動で効果を上げることができます。

腹筋のほとんどは、普通の生活を送っている限り眠り続けています。

使っていない筋肉を鍛えて動かす、これが重要になります。

ポッコリお腹を解消するには、
腹直筋上部・腹直筋下部・腹斜筋を鍛える必要があります。

このように、複数の筋肉を鍛えることで、
腹筋全体の代謝が高まって、脂肪が燃焼しやすくなります。

それには上部クランチと下部クランチがオススメです。
上部クランチ
0028_01

下部クランチ     
0028_02

腹筋の筋肉を鍛えるときに、
今、売れているワンダーコアスマートのような器具を利用して
トレーニングするのもおすすめです。

和漢薬によるお腹の脂肪をとる方法もあります。

おすすめの和漢薬を紹介します。

・防風通聖散


溜まった脂肪を分解・燃焼する効果が有り、
お腹周りの脂肪落としてくれます。

また、肥満に伴う便秘にも効果があります。

クリニックで行われている脂肪取りには様々な方法がありますが、
高価なのがデメリットです。

脂肪を取るための注射は、食物から抽出した薬剤を使って、
脂肪や老廃物の排出促進+抗炎症作用・創傷治癒効果があります。

主な成分は、クルミエキス、サポニン、チロシン(アミノ酸)などです。

脂肪吸引とは、カニューレと呼ばれるストローのような管を差し込み、
皮下脂肪を吸引する治療方法です。

近頃は安全性も高くなったようですが、
この方法は、大掛かりな手術であることに違いありません。

ですから、副作用や合併症のリスクが関わってきます。

主な吸引方法は、チユーセント法や超音波脂肪吸引法等です。

脂肪の塊を直接除去できるので、その効果はてきめんです。

しかし、安全性の問題から、吸引できる脂肪量は限られています。

この方法は、体型を良くするためのもので、
ダイエットのために行うものではありません。

サプリメントによる方法もありますが、
多くの方が、サプリメントは、「食事の代替」だと勘違いしているので、
正しい知識を持って、自分に合ったサプリメントを選ぶようにします。

お腹の脂肪を減らしたいときにオススメのサプリを1つ紹介します。

・肥後すっぽんもろみ酢


肥後すっぽんもろみ酢は黒酢の312倍というアミノ酸による
ダイエット効果で人気のサプリです。

500円で試すことができるので、
是非、一度試してみてください。

ただし、繰り返しになりますが
サプリメントは、栄養補助食品 だということを忘れてはいけません。

食事で足りない栄養を補給するための食品です。

ダイエットをされている方は、とかく栄養が偏りがちになります。

不足しがちな栄養を、サプリメントから摂ることで栄養バランスが保てます。

薬や注射、吸引に頼るより、前述したように、
規則正しい食生活をして、適度な運動で身体をほぐし、
お腹を鍛えるトレーニングを行うのが、
最も経済的で安心安全だと思います。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ