Amazon.co.jp ウィジェット紫外線吸収剤を不使用の日焼け止めは?bbクリームは? | カラダ研究所

紫外線吸収剤を不使用の日焼け止めは?bbクリームは?

女性の方なら、一度は日焼け止めを購入したことがあるでしょう。

購入の際に「紫外線吸収剤」が含まれているか気にしたことはありますか?

今回はその紫外線吸収剤や、紫外線吸収剤を不使用の日焼け止めについて調べました。

SPONSORED LINK

紫外線吸収剤とは?

その名の通り紫外線を吸収して、
熱や赤外線に変換して放出する成分のことです。

この成分が紫外線を消費して化学反応を起こすことで、
肌に悪影響を与えずに済むのです。

ただし、長時間紫外線を受け続けると壊れてしまうので、
定期的に塗りなおす必要があります。

紫外線吸収剤のメリットは?

紫外線を反射して日焼けを防ぐ紫外線散乱剤に比べて、
白浮せずに塗心地がサラサラしているので不快感もありません。

さらに汗に強いので、塗り直しの回数を抑えることができます。

紫外線吸収剤のデメリットは?

先ほども説明したように、
紫外線と化学反応を起こして熱を発生させます。

この化学反応が肌に刺激になる可能性があります。

なので敏感肌の人は注意してください。

最近では刺激を与えないタイプの日焼け止めも開発されていますので、
調べてみるのもいいと思います。

そして気を付けてほしいのが、化粧品との併用です。

基本的に一品に含むことのできる紫外線吸収剤の量は決まっています。

ですが、紫外線吸収剤を含む品を重ねて使えば、
決められた量を容易に超えます。

さらに化粧品には色を作り出すタール色素や、
色素を安定させる合成界面活性剤が配合されています。

紫外線吸収剤・タール色素・合成界面活性剤は肌を傷つける毒物であり、
これらを重ねて塗りつけることでシミやシワの原因になってしまいます。

化粧品と併用するときは、充分に気を付けましょう。

紫外線吸収剤を不使用の日焼け止めは?

紫外線吸収剤が配合されていない日焼け止めは例えば、
セザンヌ化粧品のBBクリームや、

石鹸で乳化したパックスナチュロン

天然成分にこだわったラヴェーラ

などがオススメです。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ