Amazon.co.jp ウィジェット加圧トレーニング、自宅でやるのは危険? | カラダ研究所

加圧トレーニング、自宅でやるのは危険?

今回は加圧トレーニングについて書いていきます。

普段から体を鍛えていたり、スポーツをしたり、
運動に関わりのある人なら聞いたことはあるでしょう。

ですが実際に実践している人は少ないんじゃないでしょうか。

実践する人が少ない理由として、
加圧トレーニングのスタジオに行ってやるのが面倒だ、
という人も多いようです

そこで、今回は、加圧トレーニングは自宅でできないのか、
自宅でやるのは危険なのか、について調べてみました。

SPONSORED LINK

加圧トレーニングは自宅でできるの?

結論から言うと、加圧トレーニングは自宅でも「できます」

加圧トレーニングには大きく分けて二種類あります。

一つは専用のベルトに空気を入れて、
その空気圧で加圧
するタイプです。

これは空気を入れる専用の機械があるので、
ジムやフィットネスクラブなどでインストラクターの指導の元、
行う必要があるタイプのベルトです。

もう一つは空気を入れる必要がなく、
ベルトを巻いたときの圧力で加圧するので、
自宅でも簡単に加圧トレーニングを行うことができます。

購入の際にはインストラクターの方に、
自分に合った負荷を設定してもらいましょう。

自宅での加圧トレーニングは危険じゃないの?

加圧トレーニングと聞くと、
「インストラクターに指導してもらわないと危険」
というイメージがあるかもしれません。

しかしちゃんとした知識を持っていれば、
自宅で行っても問題はありません。

ただし自己流は絶対に禁止です。

その名の通り、圧をかけて血流を制限しているので
過剰に圧をかけると危険です。

自宅で行う前にインストラクターに指導してもらうようにしましょう。

自宅での加圧トレーニング、具体的なやり方とは?

専用のウェアやベルトで加圧します。

それから運動を始めるのですが、目安があって
腕なら約10分、脚なら約20分で一旦圧を緩めて
血流を良くしてあげてください。
(初心者の場合はもっと早めに緩めてもいいです)

約1~2分休めば運動を再開してもかまいません。

ここで注意点なのですが、
時間や圧力を勝手に変更してはいけません。

先ほども説明した通り、自己流の加圧トレーニングは非常に危険です。

一度効果が出ると、「もっと効果を出したい!」と
欲が大きくなりがちですが、
自分で勝手に変更するのはやめましょう。

それ以外にも、高血圧や心臓に障害のある方は
控えるようにしてください。

自宅での加圧トレーニング、行う頻度は?

加圧トレーニングは低負荷で行うトレーニング法なので、
筋繊維の破壊も少なくなり毎日行うことも可能です。

ですが、低負荷で大きな効果を生み出すので
毎日行う必要はありません。

加圧トレーニニングの場合は、
週1~2回のトレーニングで充分な効果が期待できます。

同じ部位の筋肉を鍛える場合は、
2~3日間隔を空けてから
トレーニングを行った方が効果は大きいです。

一発で大きな効果を期待するより、
長い間続けていくことが大事です。

まさに「継続は力なり」ですね。

Sponsored Link

Sponsored Link

“加圧トレーニング、自宅でやるのは危険?” への1件のフィードバック

  1. […] 加圧トレーニング、自宅でやるのは危険? | カラダ研究所 今回は加圧トレーニングについて書いていきます。 普段から体を鍛えていたり、スポーツをしたり、 運動に関わりのある人なら聞いたことはあるでしょう。 ですが実際に実践している人は少ないんじゃないでしょうか。 そこで加圧トレーニング …(続きを読む) […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ