Amazon.co.jp ウィジェット日傘で遮光効果の高い色は? | カラダ研究所

日傘で遮光効果の高い色は?

雪が消えて春が来ると、日差しが強くなって日焼けが気になる季節になります。

それに備えて、日傘を買おうと思っています。

そこで今回は、
UVカット率が高い日傘の選び方、遮光効果の高い色や、
お勧めの日傘にはどのようなものがあるか、などを調べました。

SPONSORED LINK

日傘を選ぶときのコツは?

紫外線と可視光線をカットする率から
日傘を考えてみます。

UVカット率・・・紫外線をカットする率、
が高いほど日焼けしにくく、しみができにくい
です。

また、遮光率・・・可視光線をカットする率、
が高いほど、日傘がもたらす陰が濃くなります。

と言う訳で、日焼け・しみ予防なら紫外線カット率に注意し、
さらに「日除け」にもこだわるなら、
遮光率にも注意
をはかってください。

季節によっても日傘の役割が違います。

炎天下の真夏は、紫外線カット率と遮光率の高い日傘を選びましょう。
(シルバーひんやり日傘、遮光日傘クールプラス)

春先は、まだ涼しいので普通の日傘で大丈夫です。

暑い時に効果を発揮する、遮光率の高い日傘は大変重宝します。

JUPA(日本洋傘振興協議会)が決めた遮光率の基準によると、
遮光率99.00%以上のものを遮光傘といい、
遮光率99.99%以上の傘を遮光一級傘といいます。

日傘を選ぶときの参考にしてください。

日傘の色とUVカット率と遮光率の関係は?

日傘と言えば黒が主流でした。

黒い日傘の方が、紫外線カット率が高いと巷で言われた時期もありました。

ですから、一般的に黒い日傘の方がいい、とのイメージが強いです。

しかし、生地に紫外線カット加工を施すと、
生地の色に関係なく、紫外線をカットしてくれます。

黒い色は熱を吸収して、日傘自体が熱くなる傾向にあります。

白色やシルバーなら、熱を反射して生地の暑さが和らぎます。

次に注意する必要があるのは照り返しです。

気象庁によりますと、
アスファルトでの照り返しは10%紫外線が反射し、
砂浜では25%の紫外線が反射しているとのデーターがあります。

一生懸命上の紫外線を防いでも、下からの紫外線があることを知ってほしいです。

下からの10%の紫外線を防ぐ方法として、
日焼け止めクリームと日傘の併用をお勧めします。

日傘はUVをカットしてくれますが、
下からの10%の紫外線に対する備えとして、
日焼け止めクリームが効果を現します。

真夏にさす日傘は、シルバーやゴールドなど、
紫外線や太陽熱を反射する光沢のあるコーティング生地がいいでしょう。

その場合、生地が暑くならず、照り返しの紫外線を防ぐと言う意味で、
外側がシルバー色で、内側が黒や紺色などの濃い色の組み合わせが、
最高の日傘
だと言えます。

おすすめの日傘は?

選び方のコツを生かして、いくつかおすすめの日傘をご紹介します。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ