Amazon.co.jp ウィジェットほくろ除去クリームのおすすめは? | カラダ研究所

ほくろ除去クリームのおすすめは?

比較的大きなほくろがあるのでいつも気になっています。

先日知人から、ほくろの除去クリームの話を聞き、
ぜひ、使ってみたいと思っています。

しかし、日本では売っていない商品だということなので、
ほくろ除去クリームのおすすめについて調べました。

SPONSORED LINK

ほくろ除去クリームとは?その種類と価格、効果について調べました

ほくろが気になる方は、皮膚科に行こうかとか、
レーザーで除去、美容外科へ行く、などと考えると思います。

このように考えるのは、日本国内だけで、
海外ではもっと気軽に考えています。

近所の美容クリニックでほくろを取ろうとか、
ほくろ除去クリームを買ってこよう、
という選択をします。

残念なことに、このほくろ除去クリームは日本では売っていません。

海外では、このクリームを使って、家で手軽にほくろの除去を行っています。

また美容クリニックでも、家で除去できるようにと、
ほくろ除去クリームが売られています。

家で、誰にも内緒でほくろを取ることができ、
人知れず悩んでいたコンプレックスを解消することができます。

そして一番のメリットは、掛かる費用と料金が安いという事です。

それでも安心できないという方のために、
販売しているお店によっては、
ほくろが取れるまでサポートしてくれるところがあります。

次に、ほくろを取るのにかかる費用について考えてみます。

ほくろを取る方法には、
病院で行われるレーザー除去、くりぬき法、
ほくろ除去クリームによる除去、
もぐさによる除去などがあります。

病院でのほくろ除去には保険が適用されますが、
2ミリ以下のものを取る場合、5000円前後かかります。

ほくろが五つあれば25000円ほどかかることになります。

ほくろ除去クリームともぐさによる除去は、
ともに家でできますが、もぐさは火をつけるので
やけどなどのトラブルが多いと聞きます。

もぐさは数千円から一万円以上するものまであります。

ほくろ除去クリームは、お店によって価格が様々です。
3980円~3万円のものまであります。

どのクリームも、基本的には、
クリーム塗布⇒かさぶた化⇒2週間で除去、と言う形で効果が出ます。

では、ほくろ除去クリームの種類を見てみましょう。

ほくろ除去クリームには、ハーブ系と漢方系そして薬品が含まれるものに分けられます。

中にはほくろ除去クリームと呼べないものもあります。ご注意ください。

天然ハーブタイプのほくろ除去クリームで有名なのは、
ワートモールバニッシュと呼ばれている製品で、「ウオノメ・ほくろ除去クリーム」と訳されます。

このクリームは、塗る前にほくろに小さな傷をつける必要があります。

傷の上からクリームを塗ります。ほくろの除去まで一カ月足らずしかかりません。

値段は一万円前後です。

痛みや潰瘍性のほくろにはおすすめできないクリームです。

漢方タイプのほくろ除去クリームは、
中国や台湾で民間療法として古くからおこなわれていました。

このクリームは、天然漢方薬草成分を使用しているので、
肌へのトラブルが少ないようです。

塗るときは多少しみるようですが、10日~2週間程度で、
ほくろがかさぶた状態になって取れます。

取れた跡は、しばらく赤みが続きますが、徐々に目立たなくなります。

しかし、個人輸入業者から入手するしかないので、諸々の費用を含めると、3万円前後になります。

いずれにしても、肌に直に塗るクリームですから、
様々な情報を見て、自分にあったものを選びましょう。

ほくろ除去クリームを塗るときの注意点とおすすめ商品は?

ほくろがある方の中にはコンプレックスを持っている方が多いです。

どうしても取りたい、とほくろをレーザーで焼く人がいますが、
それはお肌を傷つけるということなのであまりすすめられない方法です。

傷跡が残ったり、炎症を起こしたりします。

やはり、ほくろ除去クリームを塗る方法が一番いいと思います。

毎日クリームを塗るだけで簡単ですし、自宅でできます。

毎日続けていると、いつの間にかポロッと取れます。

その後は、紫外線に気を付けるだけで大丈夫です。

もう一つの注意点は、色素沈着が起こりやすいということです。

除去跡を美白石鹸で洗ったり、
ナイロンタオルを使用したりすると起こりやすくなるようです。

一回塗っただけで、ほくろが除去できるタイプの商品は、
色素沈着になりやすいようです。

最後に、ほくろ除去クリームのおすすめ商品をあげてみます。

・ほくろ除去精油ジェル / Rare Product Factory


ウバイ精油膏(傷跡クリーム&保護パッド付き)【RareProductFactory】

 

ウバイ精油膏(保護パッドセット)【RareProductFactory】


精油ジェル(傷跡クリーム・保護パッドセット品)【RareProductFactory】

 

精油ジェル(保護パッドセット品)【RareProductFactory】


精油ジェル【単品】(保護パッドは付きません)日本語説明書&チェックリスト付き【RareProductFactory】

 

保護パッド 6枚入り【RareProductFactory】

ほくろ除去精油ジェルは大好評だったモールライトを
さらに進化させた商品です。

医療先進国の台湾製ですので
フィリピン製などに比べはるかに高品質です。

ノースクラッチでもスクラッチでも使えるハイブリッドタイプです。

1万円以上するほくろ除去クリームと効果はまったく同じ
とのことですので、初心者の方でも
安心してお使い頂けます。

もぐさやカソーダで失敗した方にもお勧めです。

・せんねん灸もぐさ

・ワートモールバニッシュ 価格11500円~8500円
 世界中で有名なクリームで、歴史があります。

・ニッキーモールアウトクリーム 価格5980円~3980円
 安いことを売りにしています。

・モールテック       価格14000円~9800円
 フィリピン産のクリームです。

・カソーダ        価格 数百円~2000円
 あまり効果が期待できない商品らしいです。

このように、ほくろ除去クリームはたくさんあります。

ここへきて、ジェルタイプのものが発売されて人気が高いようです。

いずれにしても、安心安全な商品を選びたいものです。

アマゾンで「ほくろ除去クリーム」を探す。
楽天で「ほくろ除去クリーム」を探す。

<ほくろ関連記事>
ほくろ除去後って跡残る?
ほくろ除去にかかる値段は?
ほくろ、悪性のものの見分け方は?ケシミンクリームでほくろは消えるの?

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ