Amazon.co.jp ウィジェットマヌカハニーってどんなもの?その効果・効能は? | カラダ研究所

マヌカハニーってどんなもの?その効果・効能は?

近ごろ話題になっているマヌカハニー、
聞いたことはある、という人も多いと思います。

一体どんなものなのでしょうか?

そこで今回は、マヌカハニーってどんなものなのか、その効果・効能などを調べました。

SPONSORED LINK

マヌカハニーとは?

マヌカとはニュージーランド原産の木です。

原住民のマオリ族が薬として使っていました。

この木からとった花の蜜をマヌカハニー(マヌカハチミツ)と呼びます。

マヌカハニーには普通のはちみつよりも
高い抗酸化力がある
ことが知られています。

胃腸疾患については、抗生物質を数年間投与しても
治癒しなかったものが治った、という臨床実験データ
もあります。

健康に効果がある、ということでニュージーランドや
オーストラリアでは医薬品として用いられています。

マヌカハニーの効果・効能は?

マヌカハニーには主に以下のような4つの効果があります。

1.殺菌・抗菌作用

ピロリ菌、大腸菌といった腸内菌、風邪のウイルスや
虫歯菌などに効果があります。

2.抗炎症作用

炎症を和らげる効果があります。

愛好家は傷口や口内炎に直接塗っているようです。

3.風邪やインフルエンザの予防に

喉の痛みを和らげる効果があります。

4.整腸作用

マヌカハニーは腸内のビフィズス菌を増やすはたらきがあります。

これにより、便秘や下痢の改善につながります。

マヌカハニーの食べ方は?

1日1~3回、1さじをゆっくり舐め溶かすようにとります。

食前や就寝の1時間前にとると効果的です。

マヌカハニーは普通のはちみつと比べて独特な味がします。

苦手と感じる場合もあるようです。

その場合はヨーグルトや飲み物に混ぜたり、
料理に混ぜたりするとよいでしょう。

マヌカハニーは熱にも強く、
熱い飲み物や料理に混ぜても効果があります。

マヌカハニーの選び方は?

マヌカハニーは実はどれを買っても同じ、
というわけでありません。

UMF(Unique Manuka Factor)という効果を表す数値があります。

5+~28+に分かれていて、この数値が大きいほど効果が大きくなります。

本場ニュージーランドでは10+以上のものが
アクティブ・マヌカハニーと呼ばれ医療の現場でも使われています。

またMGO(メチルグリオキサール)と呼ばれる
マヌカハニーに含まれる抗菌成分
「メチルグリオキサール」の含有量を
数値化した指標もあります。

このMGOの数値は、
”マヌカハニー1kgあたりに含まれる殺菌成分
(メチルグリオキサール)の含有量を数値化”したもの

MGO100+だちマヌカハニー1kg中にMGO100mgが、
MGO250+だとマヌカハニー1kg中にMGO250mgが
含まれます。

UMFもMGOも数値が大きくなると希少価値も高くなり、
値段も高くなるので、自分が手に摂りやすいものを選びましょう。

マヌカハニーの入手方法は?

話題になっていることもあり、
デパートなどでは取り扱っているお店が増えているようです。

ネットではニュージーランドから直輸入しているショップもあります。

おすすめはマヌカヘルス社の商品で、
アマゾンだと安く購入できます。

お手軽に試したい方はMGO100+から、
マヌカハニーの効能を最大限実感したい方は、
MGO550+を試してみるのがオススメです。

<マヌカハニー関連記事>
マヌカハニーの副作用やデメリットは?

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ