Amazon.co.jp ウィジェットマヌカハニーの副作用やデメリットは? | カラダ研究所

マヌカハニーの副作用やデメリットは?

体に良いというマヌカハニーですが
試してみたくても、その効果が効能が強い分、
副作用があるのでは?
と悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、マヌカハニーの副作用やデメリット、気をつけることなどを調べました。

SPONSORED LINK

マヌカハニーの副作用・デメリットは?

マヌカの木はニュージーランドの先住民である
マオリ族の間では咳止めや傷の治療として、
またお茶として飲んだりと使われてきました。

現在でもニュージーランドでは漢方のような扱いを受けています。

マヌカハニーに含まれる抗菌物質(MGO)は
高い抗菌作用を示します。

ただ、私たちが病気の時に飲む抗生物質とは異なり、
善玉菌まで攻撃してしまうことはありません。

特にアレルギーなどなければ、安全性の高い食品だと言えます。

マヌカハニーをとるときに気をつけることは?

マヌカハニー自体は天然成分で
安全性の高い食品であるとはいえ、
注意しなければいけない人もいます。

以下のような人は注意しましょう。

・ハチに対してアレルギーのある人
ハチミツなので、今までにハチに刺されて
アレルギー症状が出ている人は注意が必要です。

少量試してみて、かゆみや湿疹など異常があらわれた場合は、
すぐにやめて病院の受診をしましょう。

・糖尿病の人
マヌカハニーは糖分です。

糖尿病に限らず、糖質の摂取量に制限がある人は、
食べすぎに注意です。

・1歳未満の乳児
マヌカハニーに限らず、ハチミツ全般の摂取は厳禁です!

ハチミツにはボツリヌス菌が含まれている場合があります。

この菌は乳児ボツリヌス症という神経麻痺症状を発症させます。

呼吸筋にまで麻痺が進行し、重篤になることも多いので、
絶対に食べさせないようにしましょう。

マヌカハニーは妊娠中・授乳中は食べてもいいの?

1歳未満は厳禁といいましたが、
1歳を過ぎてくると腸内細菌も発達してきて、
体外に排出できるようになります。

妊娠中の女性も胃腸で対処して、
胎児に影響が出ることはないので安心です。

授乳に関しても同様です。

妊娠中・授乳中に風邪をひいても薬を飲むことができないので、
マヌカハニーの殺菌力はそういう点をカバーするのに有効
です。

最後に、おすすめのマヌカハニーをいくつか紹介します。

<マヌカハニー関連記事>
マヌカハニーってどんなもの?その効果・効能は?

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ